体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おやつといえばコレでしょう!思い出が詰まったビタミンカステーラ【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20171009113354j:plain

まさに出身地発見機。

ビタミンカステーラに反応してしまうのは、

間違いなく北海道の人たちです。

子どもから大人まで、

誰もが食べられる優しい味わい!

100円でおつりがくる価格帯!

北海道民のソウルフード、ビタミンカステーラ。

パッケージや味に慣れ親しんだ人は多いと思いますが、

実際にどこで、どうやって作られているのか知っていますか?

今回はビタミンカステーラを求めて旭川へ。

なんと今年で創業100周年!

高橋製菓株式会社をご紹介します。

北海道のおやつといえばコレ!

f:id:mesitsu_lc:20171009111405j:plain

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は道産子の大好物を徹底取材します。

カステラでもなく、

カステーラでもなく、

ビタミンカステーラなんですよ。

スーパーに、コンビニにと、

北海道のありとあらゆる場所で販売されているビタミンカステーラ。

実は、北海道旭川市で作られています。

これ、北海道の人でも意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20171009111233j:plain

このビタミンカステーラ。

今年で 100年周年を迎えた、高橋製菓株式会社が販売しています。

ビタミンカステーラが作られるようになったのは1921年。

すごい歴史ですよね。

ロングセラーに驚きます。

創業者が長崎でカステラの製法を学んだのが始まり。

当時のカステラといえば高級品!

庶民がなかなか食べることのできないお菓子でしたが、

気軽に食べられる価格帯を目指し、作られるようになりました。

f:id:mesitsu_lc:20171009111422j:plain

食べたことのある方ならわかると思いますが、

しっとりと高級なカステラとは違って、

ビタミンカステーラは「パサフワ」なんですよ。

でもこの食感こそが、思い出の味!

他にまねできない個性!

一口食べれば、いつだってあの頃にタイムスリップ。

北海道の人なら誰もがこのカステラの思い出があるはずです。

f:id:mesitsu_lc:20171009111334j:plain

そしてココが最大のポイントですよね。

ビタミンですよ、ビタミン。

戦後の日本はどこも栄養不足が続いていました。

そこで、生地に栄養素を入れたんですって。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。