体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の決めごと。いただいた愛は愛で返す、みたいな。曽我一平の原動力

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

──EPさんって、高校卒業してから福岡から上京したの?

「そう。高校卒業してすぐに文化服装学院に入って、デザインする学科にいました」

──デザインの勉強してたんだ。

「とりあえず服が好きだったし、東京にも憧れがあったから上京したんだけど、何になりたいとかはあんまりなくて。ぼんやりどっかの会社に入ってデザイナーになるのかなあって考えてた」

──うん。

「でも、3年目に『自分、デザイナー向いてねーな』って気づいた。デザインコースに行っときながら(笑)」

20171114_gendoryoku03.jpg

──なんでそう思ったの?

「授業とか課題とかでデザイン画を書くんだけど、自分でデザインするっていうのがぜんぜん得意じゃなくて、いつもコーディネート案みたいになっちゃってた。既存の服をどう合わせるのかを考えるほうが楽しくて。それで、もしかして自分スタイリストに向いてんのかな? って思ったんだよね」

──へえ。

「そんなときに、たまたまご縁があって、ちょうど来日してた某外タレさんの衣装の搬入・搬出作業の手伝いに誘われたんですけど、それがすごい楽しくて。で、自分はスタイリストになろうって決めた」

──きっかけになったんだね。

「卒業してからはスタイリストさんのお手伝いをやってみたり。『プラダを着た悪魔』みたいな世界で、やっぱり自分はこの世界でやっていきたいなと思った」

──『プラダを着た悪魔』かあ。それは華やかだ。

「けどその反面、影では気が遠くなるような地味な作業が山積みだったり、睡眠欲と体力との戦いのような毎日だったりで、結局心が折れちゃって数か月後には一旦そこから離れて、アパレルの販売員になりました」

20171114_gendoryoku04.jpg

──やっぱり服には関わりたかったんだね。

「そうそう。スタイリストになりたいって気持ちは変わらなかったけど、前の生活を思い出すとなかなか一歩を踏み出せなくて、だらだら毎日過ごしちゃってた。そうこうしてたらたまたまスタイリストの仕事をいただいて。『あ、自分でやっちゃおう!』みたいな(笑)」

──仕事は楽しい?

「うん。自分の仕事、てなると全部自分に返ってくるものだから、アシスタントのときに心折れちゃったようなことも不思議とがんばれる。そうそう、自分高校のときに部活をがっつりやってて」

──何部?

「吹奏楽。中学校から始めて、パーカッションやってました。吹奏楽の強豪校で、とにかく部活ばっかりしてた。だから、もともと何かひとつのことに向かってがんばるみたいなのが好きみたいで。だから、いまも自分が思い描いている像に近づくためにがんばっているのが楽しい」

20171114_gendoryoku05.jpg

──そうなんだ。最終的にはどうなりたいって考えてるの?

「自分が誇れる仕事でお金を稼ぎたい(笑)。その誇れる仕事が自分にとってはスタイリングかな」

──いまフリーランスってことは、自分で仕事をとってくるの?

「半々かな。友人やお世話になってる方からのご紹介だったり、ご挨拶にいくこともあったり」

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会