ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マル暴刑事が服装の趣味が暴力団と似てくる理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マル暴刑事が服装の趣味が暴力団と似てくる理由

刑事部捜査第4課は、広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署。通称「マル暴」です。警視庁では刑事部捜査第4課から独立し、組織犯罪対策部第4課となっています。捜査第4課に30年以上所属した元マル暴刑事に話を聞きました。マル暴刑事の服装の趣味が暴力団員と似てくるのには理由があったのです。

マル暴刑事と接触した時の配慮

マル暴刑事といえば、暴力団員さながらのコワモテというイメージがありますが、それにはワケがあります。例えば、某広域指定暴力団では「刑事と接触してはいけない」というルールがあるのです。

破ると処分されてしまいます。そこで、私たちマル暴刑事と情報交換のために接触した時に「あれはどこのモンだ?」と他の者に思わせるための配慮です。まあ元々、暴力団員と趣味が近いというのもあります。

また、暴力団員とマル暴刑事しか客がいないといわれる、行きつけの革製品店が東京・浅草にあります。クラッチバッグやベルトなんかの小物をそこで買うんですが、暴力団員と欲しい物が似てるというか似てくるのです。

マル暴刑事は店の従業員から情報

もちろん、その店の従業員からどこの組の誰が来たとか情報をもらうためでもあります。ただし、そういう情報をもらうためにはタダというわけにはいきません。マル暴刑事もしっかり客になってお店の人と関係性を築くわけです。

暴力団員は見栄っ張りが多いですから、マル暴刑事がみすぼらしい服を着てて「1着、買ってあげますよ」などといわれたら負け。支給された4~5万円の背広でもピシッとしてると「さすが、マル暴の刑事さんは違いますな~」といわれるのです。

そんな状況で、ミイラ取りがミイラになった者も見てきました。なので私は「借りは作らない」「取り引きはしない」「甘やかさない」を肝に命じていました。彼らは甘やかすと、とことんつけ上がります。だから徹底的に取り締まって顔を売ります。「あのマル暴刑事は甘くない」と。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。