ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

6分ゆでて4分冷やす!完璧にトロトロな「半熟たまごのアンチョビマヨソース」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:edajun:20171108155857j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

トロトロがたまらない「半熟たまご」は、味玉にしたり、ラーメンにトッピングしたり、ごはんにのせたりと大活躍。今回はマヨネーズを使った洋風ソースと絡めたリッチな味わいの「半熟たまご」をご紹介します。ワインのお供にもおすすめの1品です。ぜひ作ってみてください!

エダジュンの「半熟たまごのアンチョビマヨソース」

【材料】(4個分)

たまご 4個

(A) アンチョビ(みじん切り) 2枚 にんにく(すりおろし) 1/2片分(3g) マヨネーズ 大さじ2 牛乳 大さじ1 黒こしょう 適量

作り方

f:id:edajun:20171108155922j:plain

1. たまごは常温にもどす。鍋にたまごが浸かるくらいのお湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れ、たまごを優しく入れる。6分ほど温めたら、氷水にあげ、4分ほど一気に冷まし、殻をむく。

※トロトロ半熟たまごの作り方、「台湾風味付けたまご」の記事では写真付きで紹介中です!

www.hotpepper.jp

f:id:edajun:20171108155916j:plain

2. ボウルに(A)を入れて、なめらかになるまで混ぜて、

f:id:edajun:20171108155853j:plain

半分に切ったたまごの上にかける。

なんでもない「半熟たまご」が、高級レストラン風の前菜に変身!

f:id:edajun:20171108155918j:plain

アンチョビのコクに、マヨネーズの甘さとたまごの濃厚さがたまりません! パンやバゲット、サラダの上にのせても◎です。ぜひ作ってみてくださいね。

たまごは切ってからソースをかけてもおいしいですが、最初からたまご全体にソースをからめて、味をなじませてから食べてもおいしいです。どちらも試してみてください!

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。パクチーレシピの数々を録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、和・洋・中・韓・エスニック・ポタージュと150品のスープレシピをまとめた『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150 』(誠文堂新光社)が好評発売中。 ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年11月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【地獄の料理人】鈴木研一(人間椅子)のハードロック料理講座
【鉄道メシ】元オリエント急行シェフの並々ならぬ情熱と執念が、レジェンド寝台車「夢空間」を引き寄せた
「棒パ」しない?うまい棒で納豆チャーハンやメンタイパスタをつくってみた

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。