体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE・世界、モンゴル孤児とのダンス交流会で特別レッスン

LDH JAPANが運営するダンススタジオ“EXPG STUDIO TOKYO”で11月12日、モンゴル児童保護施設“太陽の子どもたち”の孤児15名を招き、EXPG STUDIOの生徒27とのダンス交流会が行われた。
11月12日@モンゴル児童保護施設「太陽の子どもたち」 (okmusic UP's)

交流会にはEXILEのパフォーマーでもある世界が率いるダンスユニットFANTASTICSと、シンガーのLeolaがゲストとして駆け付け、ダンスレッスンやパフォーマンスを披露した。

太陽の子どもたちは、貧困などさまざまな事情で行き場を失った子どもたちを保護する施設で、6歳から18歳までの子どもたちを家族の一員として育てながら、将来的に自立ができるように、教育をはじめ伝統文化の伝承を支援している。

FANTASTICSの木村慧人の「サインバイノー(こんにちは)」のモンゴル語のあいさつにより、和やかな雰囲気でスタートした交流会。世界がインストラクターとして、EXILEの「Choo Choo TRAIN」の振付、ロールダンスをレクチャーした。最初は緊張した表情を見せていたモンゴルの子どもたちも、時間が経つにつれ笑顔を見せ、ダンスでコミュニケーションを楽しんだ。

モンゴル語や英語を織り交ぜながら熱心に指導した世界は、「本当に楽しんでくれていた。一番小さい子が前列の真ん中にいたのですが、最初は恥ずかしがっていたのですが、だんだんみんなと一緒に踊っていくうちに表情がほぐれていくのが見ていて微笑ましかった」と、反応を喜んだ。

レッスン後はEXPG STUDIOのキッズダンサーによるダンスパフォーマンスや、施設で制作したという民族衣装をまとったモンゴルの子どもたちが、舞踏や馬頭琴の演奏、曲芸など、モンゴルの伝統芸能を披露。独特な音楽や舞に、EXPGのキッズダンサーやFANTASTICSメンバーも釘付けになった。

交流会のラストでは、アーティストのLeolaが自身の楽曲「Rainbow」をギターで弾き語り。続けて、モンゴルの子どもたちも知っているというKiroroの「生きてこそ」では、Leolaを囲うように輪を作り、EXPGのキッズダンサーだけでなく、モンゴルの子どもたちも一緒になって歌った。Leolaは「一緒に歌うことで同じ時間を過ごしているという証を作れたと思いました。歌詞を見ずに最初から最後まで全部歌っている姿をみて胸を打たれました」と感動を口にした。

交流会を終え、世界は「言葉もわからないけど、ダンスや歌で交流できることの素晴らしさを改めて感じた」と語り、「境遇とか、いろいろなことで苦しんでいる子もいると思います。それを抱えて生きていくというのはすごく大変だと思いますが、そのなかで少しでも僕らやLDHのやっていることが、国を超えた感じがして感動する一日でした」と手応えを口にした。Leolaも「苦しいことを越えて、ここにたどり着いている子ばかりなのに、笑顔や一生懸命歌ったり踊ったりしている姿を見て、自分が歌っている意味や、歌に対しての気持ちを改めて考えたいなと思いました」と振り返った。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会