ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

B’z 初となる洋画主題歌を担当、『ジオストーム』日本語版主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
B’z 初となる洋画主題歌を担当、『ジオストーム』日本語版主題歌に決定

 ジェラルド・バトラー主演映画『ジオストーム』の日本語版主題歌にB’zの新曲「Dinosaur」が決定した。

 本作は、“天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象”を描いた『インデペンデンス・デイ』の制作チームが手掛けるディザスター・アクション・ムービーだ。B’zが洋画の主題歌を担当するのは今回が初めての試み。そしてこの日本語版主題歌「Dinosaur」は、B’zがデビュー30周年イヤーの2017年11月29日に発売する最新アルバムのタイトル曲にもなっている。

 今回のタイアップについて、B’zに熱烈オファーをしたワーナー・ブラザース映画と、実際に「Dinosaur」を聴いた監督ディーン・デブリン氏からの絶賛コメントも到着。ディーン監督は、B’zとのコラボを楽しみにしていることを明かし、野性的なギターと歌声が作品にピッタリだと大絶賛している。『ジオストーム』の日本公開は2018年1月19日よりスタート。

◎ディーン・デブリン監督コメント
日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB’zとのコラボレーションをとても楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!

◎ワーナー・ブラザース映画コメント
『ジオストーム』は大迫力の映像と熱い人間ドラマ、そして爽快な大団円を詰め込んだ、ド直球エンターテインメント超大作です。どんなアーティストとコラボさせていただくのがよいかと考えた時に真っ先に案にあがったのが、大迫力のギターサウンドと熱い歌詞でファンを魅了するB’zさんでした。デビューから30周年という記念の年にコラボさせていただくことができ、非常に光栄です。

◎作品情報
『ジオストーム』
2018年1月19日(金)より、全国ロードショー
監督:ディーン・デブリン
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

関連記事リンク(外部サイト)

B’z/マキシマム ザ ホルモン/MONOEYES/Suchmos/Dragon Ash【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】初日レポ<後編>
【RSR 2017】B’z初出演、大ヒットチューン連発で3万人を一つに
Linked Horizon ×『進撃の巨人』壮大なコラボレーション演出で話題のツアー千秋楽

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。