体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!

福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!

画集やWebサイトで出合った絵に、心を動かされた経験はありませんか? 音楽や小説、演劇と同じように、絵画は人に大きな感動を与えるものです。

アニメや小説の舞台となった場所を実際に訪れる、いわゆる「聖地巡礼」が盛んに行われていますが、絵画の世界でも同じような試みが可能です。それは作品を所蔵している美術館・博物館へ実際に足を運ぶことです。

筆者は、展覧会で目にし、感動した作品を観るために所蔵先の美術館を訪れます。旅の目的として「絵を観に行く」ことを筆頭に挙げることは、なかなかないかと思いますが、これはこれでとても趣のあるものです。

アジア最大規模のダリ常設美術館

さて、今回は2016年に東京・六本木にある国立新美術館で開催された「ダリ展」で出合った1枚の作品に再び会うために、磐梯朝日国立公園内にある諸橋近代美術館を訪れました。ここはサルバドール・ダリの作品を日本一多く所蔵している美術館であり、世界的に見ても、そのコレクションは非常に充実しているのです。

諸橋近代美術館

所蔵先の美術館が海外だと、観に行くのにかなり高いハードルを越えなければなりませんが、日本国内であれば、思いついたらすぐにでも出かけられます。Webで新幹線と宿だけをとりあえず押さえて、いざ目指すは福島!

東京駅 電光掲示板

諸橋近代美術館は会津磐梯高原にあります。JR東京駅から東北新幹線に乗り、1時間ちょっとでJR郡山駅に到着。こんなに近かったの!? と驚くほど、あっという間です。新幹線から磐越西線に乗り換え、ひと山越えて40分ほどでJR猪苗代駅へ。都内の電車に乗っているときはスマホの画面ばかり見ている自分も、ローカル線に揺られているときは窓にかぶりついて車窓を流れる景色を追いかけます。

猪苗代駅から路線バスに25分ほど揺られていると、突然西洋風の大きな建物が目に飛び込んできます。ここが世界有数のダリコレクションを誇る、諸橋近代美術館です。

諸橋近代美術館 外観

美しい外観を目にしただけで、「来てよかった~」という気持ちにさせてくれます。テンションが上がり、いつもより多めに写真を撮ってしまいました。どこから撮っても「絵になる」、豊かな自然に囲まれた建物です。

諸橋近代美術館 敷地内

観光地にある美術館にしては入館料が安いことに驚かされます。大人1000円以下、中学生以下無料とは太っ腹。

展示室に入ると、ダリの手掛けた彫刻作品が、ずらりと並んでいます。これだけの数の彫刻をまとめて常設で展示しているのは、世界広しといえども、ここだけではないでしょうか。

六本木の「ダリ展」で心を奪われた作品『テトゥアンの大会戦』とも、再会を果たすことができました。“出張先”であった六本木で観たときよりも、何倍も迫力ある作品に見えました。

諸橋近代美術館 テトゥアンの大会戦
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。