ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アルバムの写真をiPhoneでスキャンして手軽にデータ化 『Omoidori』が便利すぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デジタルカメラやスマホカメラが普及する前は、フィルムから現像した写真を1枚1枚アルバムに収めていたものです。時々開きたくなる思い出のアルバムだけど、実家から持ってくるのは重いしちょっと大変。

できることなら写真をデータ化して、見たい時にサクッと見れるようにしたい。……そんな問題を解決してくれるのが、iPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」です。

iPhoneを装着するだけで簡単スキャン

Omoidoriは、iPhone専用の写真スキャナ。iPhoneを装着するだけで簡単に写真をスキャンでき、データ化してくれる便利なツールです。写真やフィルムの反射によるテカりをなくし、キレイにデータ化してくれます。スキャン可能な写真のサイズは、L判〜2L判。

OmoidoriはBluetoothやWi-Fiで接続する必要がなく、専用アプリで立ち上げるカメラで撮影するため、オフライン環境でも問題なくスキャンできます。

片手で持てるコンパクトサイズ

本体はこのような外観で、片手で持てるサイズです。重量は電池搭載時で310gと、缶ビール1本より少し軽いくらい。

開くと三角形に。この三角形が、写真に乗せた時に周囲の光を遮って、きれいにデータ化してくれます。

本体内部はこのような仕組み。

内側が鏡ばりになっていて、左右に2つずつLEDライトが取り付けられています。この2方向からフラッシュ撮影する”Wスキャン”こそが、テカらずに撮影できる秘密。それぞれ片方ずつ照らした状態で2回撮影し、反射していない部分同士を合成しています。シンプルながら、秀逸な仕組みなのです。

では、さっそくスキャンしてみましょう。

アプリでアルバム写真をらくらくスキャン

今回はこちらの犬の写真をスキャンしてみます。まずはスマホのカメラで直接撮影。テカりや角度、ピンボケなどが気になりますね。

次にOmoidoriにiPhoneをセットして、アプリを起動(すぐカメラモードになります)。本体を開いた状態で、写真の上に被せます。

次に、画面上に現れる緑のガイドラインに写真の四隅が合うように調節。そして中央下部のシャッターボタンをタップすると……

左側のLEDが点灯したあとに右側のLEDが点灯し、2回シャッターが切られます。左右のLEDライトを交互に照射し、それぞれで撮影されます。

そして、この2枚の写真を自動的に合成されてできたのがこちら。

おぉ、テカり・ゆがみなくスキャンできました! 先ほどスマホで直接撮影したものと比べても、その違いは歴然です。

日付の自動読み取りや画像編集も

スキャンしたデータを開くと、下部にメニューバーが。そのいちばん右端にあるカレンダーマークタップすると、自動で日付を読み取ってくれます


日付設定画面

あとから日付ごとに並び替えることもできるので、時系列のアルバムをつくるのが容易になります。日付が記載されていない写真でも、手動で設定することが可能。過去のアナログ写真を取り込むときに便利そうですね!

ほかにも、画像回転やトリミング、赤目補正など、より美しい写真データを楽しむための編集メニューが用意されています。


赤目補正


トリミング編集画面

付属アタッチメントでiPhone 5でもOK

本体にぴったり収まるiPhoneは8、7、6s、6ですが、同梱されている専用アタッチメントを使えば、SE、5s、5でも使用できます(※iPhone X, Plus, iPod touch, Androidは非対応)。OmoidoriはLightningコネクタを使った同期方法ではないため、カメラの穴の位置さえ合っていれば問題ないようです。

アプリからフォトブックの注文やSNSでの共有も

Omoidoriはスキャンデータを取り込む以外にも、こんな機能も。


プリント・フォトブック注文画面

スキャンした写真をプリント・フォトブックにして注文するサービスです。カビ臭くなってしまった写真や、家族写真の共有などに便利そう。

また、メールやTwitter、InstagramなどのSNSに直接投稿できたり、Dropboxなどのクラウドサービスにアップすることもできるので、仲間と共有したり簡易的なバックアップとしても活用します。

年末の帰省時に持って帰りたい!

押入れに眠る古いアルバム。年末年始に皆で引っ張り出して、Omoidoriでスキャンしてみませんか?

忘年会や新年会、送別会など、人が集まる場面で使えば、懐かしい話題で盛り上がること請け合い。実家への贈り物としても良さそうです。iPhoneを装着し、本体を開くだけなので、機械が苦手な世代でも問題なく使えます。ぜひこの年末に試してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

古いネガフィルムをスマホでデータ化! 「スキャナーアプリ」を試してみた
愛すべき昭和家電を、「マイクロボットプッシュ」で“スマート家電化”してみる実験
「インスタ映え」に飽きた人にオススメ! あえて「NOインスタ映え」な写真を撮ろう

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。