体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルバムの写真をiPhoneでスキャンして手軽にデータ化 『Omoidori』が便利すぎる

デジタルカメラやスマホカメラが普及する前は、フィルムから現像した写真を1枚1枚アルバムに収めていたものです。時々開きたくなる思い出のアルバムだけど、実家から持ってくるのは重いしちょっと大変。

できることなら写真をデータ化して、見たい時にサクッと見れるようにしたい。……そんな問題を解決してくれるのが、iPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」です。

iPhoneを装着するだけで簡単スキャン

Omoidoriは、iPhone専用の写真スキャナ。iPhoneを装着するだけで簡単に写真をスキャンでき、データ化してくれる便利なツールです。写真やフィルムの反射によるテカりをなくし、キレイにデータ化してくれます。スキャン可能な写真のサイズは、L判〜2L判。

OmoidoriはBluetoothやWi-Fiで接続する必要がなく、専用アプリで立ち上げるカメラで撮影するため、オフライン環境でも問題なくスキャンできます。

片手で持てるコンパクトサイズ

本体はこのような外観で、片手で持てるサイズです。重量は電池搭載時で310gと、缶ビール1本より少し軽いくらい。

開くと三角形に。この三角形が、写真に乗せた時に周囲の光を遮って、きれいにデータ化してくれます。

本体内部はこのような仕組み。

内側が鏡ばりになっていて、左右に2つずつLEDライトが取り付けられています。この2方向からフラッシュ撮影する”Wスキャン”こそが、テカらずに撮影できる秘密。それぞれ片方ずつ照らした状態で2回撮影し、反射していない部分同士を合成しています。シンプルながら、秀逸な仕組みなのです。

では、さっそくスキャンしてみましょう。

アプリでアルバム写真をらくらくスキャン

今回はこちらの犬の写真をスキャンしてみます。まずはスマホのカメラで直接撮影。テカりや角度、ピンボケなどが気になりますね。

次にOmoidoriにiPhoneをセットして、アプリを起動(すぐカメラモードになります)。本体を開いた状態で、写真の上に被せます。

次に、画面上に現れる緑のガイドラインに写真の四隅が合うように調節。そして中央下部のシャッターボタンをタップすると……

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会