体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『kasa shippo』ビニール傘だってかわいくアレンジ。フワフワの持ち手で雨の日の外出もウキウキ気分!!

 

いつもの傘の柄が、これを被せるだけで動物のしっぽに変身する!? 『kasa shippo』は、傘の持ち手に付けるフワフワのしっぽ。外出先で、自分の傘がわからなくなる…なんて事態も回避でき、SNS映えもバッチリだ!

ネコ、タヌキ、キツネ…選べるバリエがうれしい!

『kasa shippo(カサシッポ)』(税抜800円・11月発売予定)を手掛けた株式会社ワンダーマーク(埼玉県所沢市)は、クリエイターがデザインした雑貨の企画・開発・販売を行うブランド。

 

『kasa shippo』は動物のしっぽをモチーフにしたフワフワの傘の持ち手カバーで、「第84回 東京インターナショナル ギフト・ショー 秋 2017」にも展示され話題となった。

使われている主要素材は、アクリル、ポリエステル。本体サイズは約W50×H280×D30mmだ。

 

驚くのは、そのバリエーション。第1弾として登場するのは、ペルシャネコ、タヌキ、キツネ、スピッツ。さらに第2弾として、トラネコ、シロクマ、ヒョウ、オオカミの発売も決定。色や柄も様々で、お気に入りのデザインを選ぶことができる。

 

 

“動物っぽさ”に感動! 使用できる傘の柄のサイズは?

それではさっそく、「キツネ」をパッケージから取り出してみる。

毛足は長めでフワフワだが、適度なハリもあり動物っぽさがスゴイ。思わず動物をなでるかのごとく、毛並みを整えたくなってしまう…というか、完全になでなでしてしまった!

傘の持ち手が入るよう、人差し指程度の太さの袋状になっている。とくに芯になるようなものは入っていないので、全体的に柔らかい。

『kasa shippo』を使う前に必ず確認しておきたいのが、傘の持ち手の大きさ。使用できる傘の柄は、直径が15~20mm、長さの適正サイズは約25cmだ。パッケージの裏面にだいたいのサイズ感がわかるイラストがデザインされていて、使用可否の目安がわかりやすい。

 

オリジナリティ抜群!雨の日にもウキウキ気分で外出を

 

サイズの確認が済んだら、いよいよ傘の持ち手に取り付けてみる。『kasa shippo』にスルスルと柄を入れ込んでいくのだが、徐々にしっぽが形取られていくのがおもしろい!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。