ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

タネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。

世界各地に展示された
「蝶の標本」

タネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。ティオンヴィル / フランスタネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。サラゴサ / スペインタネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。ウィーン / オーストリアタネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。サラゴサ / スペインタネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。秘密の生息地

騙された……
でも、すごい。

世界一大きな「蝶の標本」——

これらの作品が『COLOSSAL』で紹介されるや否や、反響の大きさはクリエイターのMantraさん本人が驚くほど。Facebookで合計6,000以上のシェアを獲得しています。世界一とは言っても、「蝶」なのだから手でつかめるくらいのサイズかと思ったら、これは桁外れ。

各国から寄せられたコメントと同じように、私も「こんな蝶いるの!?」と思っていたら、標本ではなくスプレーアートだったんです。(すぐにわかった人、お見事です)

「なんだ、絵かぁ……」と思うのと同時に、タネ明かしされたあとも、リアルすぎて二度見したくなりませんか?タネ明かしされた後でも、二度見してしまう作品です。

ほら、ほんとうに生きてそう……。Licensed material used with permission by Mantra

関連記事リンク(外部サイト)

絶対に二度見してしまう「ウッドアート」
一生に一度の卒業旅行なら訪れるべき。街全体がアート作品なHawaiiのダウンタウン
「摩訶不思議な街」を生むアーティスト(7作品)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。