体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

百発百中が当たり前!? 意外と知らないダーツの世界

百発百中が当たり前!? 意外と知らないダーツの世界
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。11月13日(月)のオンエアでは、スポーツ競技としての「ダーツ」に注目しました。

公益社団法人日本ダーツ協会顧問の矢部菊一さんによると、ダーツはイギリス発祥で、もとはパブでの遊びとして親しまれていましたが、20分割されたボードになってから競技として発展したそうです。

ルールは501点から3本投げた合計点を引いていき、早く0点にしたほうが勝ちというルールです。そのほか、陣地を取り合う「クリケット」を組み合わせる場合もあります。複雑なゲームで、戦略的に進めていかなければ勝てないそうです。

サッシャが「トッププロになると、狙ったところに百発百中で当たるくらい正確ですよね!」と言うと、「ソフトダーツの場合は全部入らないと負けるんです」と矢部さん。大きく分けると、ハードダーツとソフトダーツがありますが、一方のハードダーツは、入れば勝てるそうですが、2メートル37センチ離れた場所から8ミリの幅に入れないとフィニッシュできないのだとか。

現在は、イギリスで「グランドスラム・オブ・ダーツ」が開催中。7000万円ほどの賞金が出る「ワールド・チャンピオンシップ」や、「ワールド・マッチプレイ」など、イギリスを中心に、世界には60ほどの大きな大会があります。

矢部さんによると、日本人プレイヤーは技術的に問題はなく、インターナショナル大会の予選ではほとんどの選手が勝っているそう。本戦では苦戦するものの、勝てないことはないレベルまできているのだとか! なかでも注目の選手は、「ワールド・チャンピオンシップ」にも出場権を持っている浅田斉吾選手、ずっと日本の看板を背負ってきた村松治樹選手だそうです。みなさんも、どうぞ、注目してみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会