体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ブルーベーリーのホントの話】目への効果はある?ない?

【ブルーベーリーのホントの話】目への効果はある?ない?
ブルーベーリーが目に良いという話は昔から言われていますが、その医学的な効果には賛否両論があるようです。

知っているようで知らないブルーベーリーの成分、目への効果、そして巷で話題になった目への効果に関して医学的根拠がないと言われた背景などを、医師に詳しく解説していただきました。

ブルーベリーの成分 

野生のブルーベリー 

ビタミンA

粘膜を健康に保つ、欠乏すると暗いところで見えにくくなる(夜盲、とりめ)、ロドプシンの原料になるといった効果があります。

ロドプシンは網膜の杆体という細胞にある物質で、ロドプシンが働くことで光を電気信号に変換しています。

ビタミンC

疲労回復、傷を治す、肌の健康や免疫機能を助けます。

ビタミンE

抗酸化作用(活性酸素を除去する)、血流改善が期待されます。

アントシアニン

植物が持つ色素で、ポリフェノールの一種。抗酸化作用や、ロドプシンを作るのを助けます。

食物繊維、タンニン

腸内環境や便通を整えます。

亜鉛、マンガン

細胞の生まれ変わりを助けたり、骨を丈夫にします。

目に良いと言われる成分

目のアップ 

・アントシアニンルテイン

・ゼアキサンチン

・アスタキサンチン

・レスベラトロール

・ベータカロテン

・亜鉛

・オメガ3脂肪酸(DHA/EPA)

など

加齢黄斑変性という、網膜の加齢に伴って起こる病気については、進行を予防する効果も確認され、必要量を配合したサプリメントも市販されています。

ブルーベリーの仲間のベリー類

ビルベリー

ビルベリー

ブルーベリーに似た実をつけますが、日本でも栽培可能なブルーベリーに比べ、栽培が難しいため北欧など一部の地域で野生しているものから採取されます。ヨーロッパブルーベリーとも呼ばれます。アントシアニンを豊富に含みます。

クランベリー(ツルコケモモ)

クランベリー

赤っぽい実をつけます。膀胱炎に良いとされていますが、効果がないという研究結果もあります。

ラズベリー

ラズベリー
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会