ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【愛知】美術品買取におすすめ!厳選の5店

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

愛知県にお住いの方、美術品の買取をしてもらったことはありますか?絵画・書道・陶磁器・置き物など、美術品のカテゴリに入るジャンルは数多いもの。愛知で買取先をお探しの方向けに、おすすめのお店や本物・偽物を判断し査定してもらう方法などをご紹介します。愛知にお住まいの方はこの機にご自宅に眠る美術品を査定してもらいましょう。

愛知県内で美術品の買取先をお探しの方に

null

家に昔からあり、いつかは買取してもらおうと考えていた美術品があるという方は少なからずいるはず。愛知県内でも度々同様の例があり、買取査定に出すと思いがけない査定額がついたことに驚いたという声もあります。売り時がわからない美術品は、一度査定してもらいましょう。
今回は、愛知県内で最もおすすめしたい美術品の買取店を5店に厳選してご紹介します。本物か偽物かどうかわからない作品も、まずはお店で相談してみませんか?

愛知県でおすすめの美術品買取店

※2017年11月5日時点の情報

愛知でおすすめ① 古美術こもれび

null出典:古美術こもれび

古美術こもれびは、愛知県で40年近く続く老舗の古美術店です。掛軸・日本画・絵画・茶道具・焼きものなど取り扱いジャンルは幅広く対応。銅版画や、リトグラフなど他店ではあまり取り扱いが無い美術品の査定にも力を入れているため、こちらのお店でしか見てもらえない作品があるかもしれません。店舗まで遠いという方であれば、出張買取の申し込みもできます。

店舗:愛知県名古屋市昭和区藤成通

愛知でおすすめ② 茶道具・美術品商 近藤

null出典:茶道具・美術品商 近藤

茶道具・美術品商 近藤は、岡崎市に店舗を持つ美術店です。茶道具・工芸品・日本画・洋画を取り扱っています。主に日本や海外で古くから伝わる有名作家の作品ほど買取に力を入れているため、高額査定が期待できる作品をお持ちの方に特におすすめです。電話で簡単に出張買取の申し込みもできるので便利です。

店舗:愛知県岡崎市上六名3丁目

愛知でおすすめ③ カーム

null出典:カーム

カームは、テレビCMでもおなじみの美術品買取店です。日本画や西洋画、中国美術などジャンルだけでなくさまざまな国の美術品の取引実績があるため、一度査定額を聞いておきたいお店のひとつです。メール相談やLINE相談もできるので、写真を添付して今すぐ買取価格を問い合わせてみるも良し。カームではお店の方に査定してもらう一般的な査定だけでなく、カームが開催するオークションでの委託販売の依頼や質屋のように美術品の査定価格の範囲内で融資してもらうことも可能です。

店舗:愛知県名古屋市中区栄3丁目カームアートビル2F

愛知でおすすめ④ 買取専門店大吉

-
買取専門店大吉の口コミを見る

買取専門店大吉は、ブランド買取店です。愛知県内に10店舗以上あるためアクセスは抜群。実はブランド品だけでなく美術品といった品物の査定もしているお店です。愛知県内にも多くの店舗がありますが、それでも直接行くのが大変だという方は送料や返送料が無料の宅配買取か手数料などが掛からない出張買取が利用できます。

店舗:豊橋店(愛知県豊橋市新栄町字南小向86-1)、岡崎店(愛知県岡崎市上六名1-1-6)、知立店(愛知県知立市宝3-2-10)他

愛知でおすすめ⑤ エコリング

-
エコリングの口コミを見る

エコリングは、複数カテゴリーの買取に対応したお店です。こちらも愛知県内に多数店舗があるのでアクセスしやすいと思います。ブランド品や貴金属取り扱い店として有名ですが、美術品の査定も可能。ジャンルは問わず、美術品なのかブランド品なのか判断できない食器類の買取にも適しています。メール、LINEで相談ができるだけでなく、送料・返送料いずれも無料の宅配買取も利用可能なので自宅周辺に店舗が無い方にもおすすめです。

店舗:東岡崎店(愛知県岡崎市明大寺町字寺東1-1)、安城店(愛知県安城市三河安城南町1-11-5)、名古屋香流店(愛知県名古屋市名東区山の手2-107)他

美術品が偽物かどうかわからない時はどうすればいいのか?

null

まずは査定をしてもらいましょう

古くからあの作家の作品であると伝えられてきた作品の中にも、他の作者の作品であるといった予想外のケースもあります。査定をしてもらうまで作品のことがわからないのは、どの方でも同じ。まずは査定をしてもらいましょう。

できれば複数のお店で査定を

どれだけ実績があるという買取店でも、他店へ持って行くとまた違った査定結果が出ることがあります。どのお店も一番高く買取すると話しますが、最終的にお店を決めるのは自分です。できれば複数のお店に査定をしてもらっておくことをおすすめします。

偽物の場合はリサイクルショップへ

どうしても作者が不明の作品が手元にのこったという時は、美術品の専門店ではなくリサイクルショップへ持って行きましょう。例えば茶道具であれば、作者がわからなくても「茶道具」として買取してもらえるチャンスがあるからです。

陶磁器類であれば「食器」として買取してもらえる可能性も考えられます。査定額は数百円~数千円を目安に買取してもらいましょう。

高価買取のコツ

null

まとめていくつか買取査定に出す

1~2点買取査定へ出すよりかは、できれば複数点あった方が買取してもらえる可能性が増えます。そういったまとめ売りに対応した買取店が増えつつあるので、いつかは売ろうと迷いがある美術品は、思い切ってまとめて査定へ出しましょう。

付属品も一緒に査定に出すこと

掛け軸が入っていた箱、陶磁器類が入っていた木箱など付属品も重要な美術品として認められる場合があります。今手元にある付属品は、傷んでいてもまとめて買取査定へ出しましょう。あるのと無いのとでは大きく差額が出ることもあるので、重要な査定品のひとつです。

美術品を査定してもらいませんか?

null

一度買取査定金額を聞くと、今後どうするかという判断がつくこともあります。ご自宅でうまく保管ができず、今後傷ませてしまうようであれば一度査定をしてもらいましょう。愛知県内は特に美術品の買取店が揃っているため、買取金額の比較も満足がいくまでできることでしょう。ご自宅近くに店舗が無いという方は、宅配買取も検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。