体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。

「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。

「ひでじはバカだから」

これ、先日参加した「クラフトビールで地方創生」というイベントで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉。最初は自虐かな、なんて思いながらさらっと聞いていたんだけれど、話を聞きすすめていくと、その自虐的な言葉は、私のなかで、「ひでじビール」を讃える言葉以外の何ものでもなくなっていた。講演の端々からは「地域愛」がひしひし。スリルあり、そして何より愛情あり、そんなひでじスピリッツを共有する。

名前の由来は
ひでじ〜さん!

「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。

「ひでじビール」は、宮崎県のクラフトビール。オール宮崎産を実現すべく、地域から世界を見すえたビールづくりを行っている。

「そもそもひでじってなに?」なんて素朴な疑問がとんできそうなので先に言っておくと、「ひでじ」は、創業者の西田英次氏からきている。宮崎の北部・行縢(むかばき)山の麓にあるブルワリーは、1996年の地ビール規制解禁と同時に、当時すでに高齢だった英次氏が山を切り開いてつくったのだそう。「ひでじビール」は、ひでじ〜さんと呼ばれていた彼に敬意を評して名づけられたというわけだ。「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。

世界を見すえる「ひでじビール」は、先月偉業を成し遂げた。彼らは海外用商品の開発も行っているのだが、そのひとつ、宮崎の栗を副原料とした「栗黒」という商品が、世界二大コンテスト「ワールドビアアワード2017」で世界最高賞を受賞したのだ。ラベルには、ニンマリと笑う宮崎県延岡市の「能面」が。こういうところでも、地元宮崎の発信は忘れない。

ちなみに「栗黒」は現在日本では手に入らない。飲もうと思ったら、今のところ、輸出先のアメリカ(18の州へ輸出)へ行くしかなさそうだ。

まだくるか?
驚くほどの試練の連続だった。

「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。

順風満帆!なわけでは決してなくって、現在に至るまではとにかく波乱万丈。色々ありすぎてここで記すには限界があるため、かなりかいつまんで整理してみる。そしてこの歴史的な話でも、冒頭の「ひでじはバカだから」が何度か登場したのだが、どこで登場したのかは、一旦ご想像におまかせする。

 

試練その1:開業するも、売れない。

根本的な技術不足に加え、当時世間では、クラフトビール=個性的(言葉を選ばずいうと、まずい)の概念があったらしい。

 

試練その2:大掛かりな技術改革をして自信作が完成したにも関わらず、そんなに売れない。

ビール酵母の純粋直培養技術を導入。このとき、「ひでじビールはおいしい」と色んなところに営業していたこれまでの自分を否定せざるを得ないほど、おいしいビールができたそう。なのに、売れない。原因は、社長いわく「一度でもマイナスな部分がインプットされてしまうと、人は同じものに再トライしようとはしないでしょ?」とのこと。納得。

とはいえ、当時この技術を導入したことで、地ビール業界ではめずらしいラガー系の商品で勝負できるようになったのだとか。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。