ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ご先祖様が食べてくれた?! 新スタイル供養「好物キャンドル」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


近頃は、仏壇にともすローソクや線香も、固定概念をくつがえす新しいものが次々と誕生している。ローソク・線香の製造販売を手掛ける「カメヤマ」から11月より発売された「カステラキャンドル」は、そんな供養の新しいスタイルを提案するアイテム。

「好物キャンドル」のラインナップとして発売された「カステラキャンドル」680円(税別)は、本物のカステラのように供えているうちに傷むこともなく、炎とともに減っていく様子はまるでお供え物を食べてくれているように思え、ほっこりした気分になるキャンドル。

昔高級品だったカステラがまず仏壇にお供えされていたことを思い出す人や、カステラが好物だった故人を思い出しながら火をともす人…。「カステラキャンドル」をめぐって、人それぞれのストーリーが展開されることだろう。


さまざまな形のローソク・キャンドルが世界にある中で、仏壇にそなえることを想定して作られたキャンドルは、日本人ならではの風情と人情の深さを思い起こさせてくれる。

「カステラキャンドル」の大きさはW107×L107×H69mm、全国のお仏壇店・雑貨店にて販売している。

食欲の秋でもあるこの季節、ご先祖様にカステラキャンドルをお供えして、甘く懐かしいご供養をしてみてはいかが。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。