体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もやしの麻婆鍋!?財布にやさしくたっぷり食べられて大満足間違いなし【噂の筋肉料理人】

f:id:kinniku39:20171108144536j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

秋も深まり夜は冷えるようになりました。寒い夜に食べたい料理といえば、鍋料理。今日は体が芯から温まる「麻婆鍋」を、もやしたっぷりでヘルシー、リーズナブルに作ります。

麻婆豆腐を家庭で作る時、市販の麻婆豆腐の素を使う方が多いと思いますが、幾つかの調味料をそろえれば、意外に簡単に作れます。必要なのは、かあっとくる辛さのラー油、そして麻婆独特のしびれるような辛さを入れる花椒(中国山椒)、辛味を入れる豆板醤。それと、味付け用に甜麺醤(テンメンジャン、中国甘味噌)です。

f:id:kinniku39:20171108144548j:plain

左からラー油、花椒(中国山椒)、豆板醤

f:id:kinniku39:20171108144550j:plain

こちらが甜麺醤(テンメンジャン、中国甘味噌)

この4種類があれば、その他の材料は身近にある調味料、材料でおいしい麻婆豆腐を作れます。特に効果的なのは花椒で、これをたっぷりふりかけることでお店の味に近くなりますよ! 麻婆豆腐はもちろん、ラーメンや野菜炒めなんかもぐんとおいしくなるので、豆板醤や花椒、甜麺醤はぜひ買ってみてください。

筋肉料理人の「もやしたっぷり麻婆鍋」

【材料】2人分

豚こま肉 160g 絹豆腐 1丁 もやし 2袋 長ねぎ 1/2本 生姜 1かけ(15g) にんにく 1かけ 豆板醤 小さじ2 ラー油、花椒 お好みで ごま油 小さじ2 水溶き片栗粉 片栗粉、水 各大さじ2

(A) 水 400ml 甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ3 しょう油 大さじ1 鶏ガラスープの素 小さじ2 砂糖 小さじ1 しょう油 大さじ1

作り方

1. 生姜とにんにくはみじん切りにします。長ねぎは粗目のみじん切りにします。豚こま肉は小さく切ります。豆腐は一変が15ミリ位の角切りにしましょう。

※麻婆豆腐はひき肉を使いますが、ここではもやしと一緒に食べやすくするために、豚こま肉を小さめに切って使います。

f:id:kinniku39:20171108144553j:plain

2. 二人用の土鍋にごま油と刻んだ生姜、にんにく、豆板醤を入れて火にかけます。泡立ってきたら弱火にし、香りが立つまで炒めます。香りが立ち、ごま油が豆板醤で赤くなったら、

f:id:kinniku39:20171108144602j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。