体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いいね!って言われる手土産スイーツ5選〜GINZA SIX編〜

今年の春にオープンして以来、銀座の新スポットとして人気が高いGINZA SIX。ファッションやライフスタイルショップだけでなく、フードも話題のショップがズラリと並んでいます。そこで、数あるショップの中から、手土産に喜ばれること請け合いな5ショップを厳選したので、是非参考にしてみてください。

1.『山形正宗 生もと純米1898/いまでや銀座』

食と一緒に楽しめるがコンセプトのいまでや限定日本酒

蔵元直送の地酒、本格焼酎、日本ワインなどが約600種類揃い、お酒を買うなら是非立ち寄りたいショップ。山形県の水戸部酒造が製造している山形正宗 生もと純米1898は、岡山県産の良質な酒米・赤磐雄町を使用した生もと造り。山形正宗が本来持ち味としている「しっかりとした米の旨みとミネラルの多い硬水からのシャープな味わい」に加えて、生もと造りから生まれる複雑で重層的な味わいが特徴です。

▼Information
商品名:山形正宗 生もと純米1898
価格:1,600円(税抜)/720ml
販売店名:いまでや銀座
住所:東京都中央区銀座6-10-1 B2
営業時間:10:30〜 20:30
web:http://www.imadeya.co.jp/

2.『北海道フレッシュクリームプリン/マーロウGINZA SIX店』

1984年創業の老舗レストランが贈る極上デザート

神奈川景勝50選に選定された、横須賀市秋谷にある夕日の名所「立石」の目の前に本店を構える、カフェ&レストランマーロウ。都内初進出のショップは、人気のスイーツがテイクアウトで楽しめるんです。中でも一番人気は、ビーカー入り手作り焼きプリンの北海道フレッシュクリームプリン(税抜750円)。北海道特選牛乳と生クリーム、食菜卵、バニラビーンズをふんだんに使った、なめらかで濃厚な味わいが人気です。

▼Information
商品名:北海道フレッシュクリームプリン
価格:750円(税抜)/180gl
販売店名:マーロウGINZA SIX店
住所:東京都中央区銀座6-10-1 B2
営業時間:10:30〜 20:30
web:http://www.marlowe.co.jp/

3.『常葉/くろぎ茶々』

老舗の伝統を守りつつも新たな味に挑戦した和菓子

日本一予約が取りにくい日本料理店と言われている「くろぎ」。そのおもてなしの精神を受け継ぎ、京都の老舗茶舗「福寿園」とコラボした店舗。注目は、葛羹と国産クリームチーズを合わせた常葉(税抜2700円)。宇治抹茶をふんだんに使った風味とプリンのような食感が楽しめます。また、木箱入りなので手土産としてもとっても優秀です。

▼Information
商品名:常葉(ときば)
価格:2,700円(税抜)
販売店名:くろぎ茶々
住所:東京都中央区銀座6-10-1 B2
営業時間:10:30〜 20:30(イートインLO20:00)

4.『セミドライフルーツ/綾farm』

新鮮なフルーツをじっくり熟成乾燥させたドライフルーツ

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。