体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オンナの敵はやっぱりオンナ!?」バイト先にいるエネミー女子あるある8

enemy_ootansan enemy_ootansan

最初は「女子同士、バイト頑張ろうね」なんて言われていたのに、いつの間にか悪口を言われていたり、大変な仕事をうまく回されていたり。バイト先でモヤモヤする女子、面倒な女子ってひとりはいるはず。そこで、元、吉本興業の伝説の女マネージャーとして活躍し、数多くの“オンナ”たちを見てきた経験から「オンナの敵はオンナ」を断言する大谷由里子さんに、バイト先でいそうなエネミー(敵)女子について話を聞いてみました。

「優しくされて当たり前のオンナ」

CASE1 自分都合でサクっとバイトを休む

enemy_case1

今、アルバイト雇用も売り手市場。バイトは大切にされる時代です。そこに胡坐(あぐら)をかいて、優しくされて当然だと勘違いしているオンナは、とにかく自分が一番。休むときは、周りの都合おかまいなく、バイトのグループLINEにシレッと「今日、休みます」で終わり。それで店長から文句を言われるようものなら「だって、私、バイトじゃないですか!」と逆ギレ。翌日はかるーく「昨日はごめぇ~ん」で許されると思っています。

 

「やる気のないオンナ」

CASE2 やる気のあるフリがとにかくうまい

店長や先輩がいないときは、おしゃべりばかり。休憩室では「だる~い、バイトつまらな~い」を連呼。でも、エラい人がいるときは、自分の就業時間ギリギリのタイミングで「他にやることありますか?」と嘘のやる気をアピール。そして、時間になったら「お先に失礼しまーす」とサラリと帰る。案外、こういうタイプが正社員に雇用されたり、上からかわいがられたりするんです。

 

「被害者のふりをして仲間を誘うオンナ」

CASE3 人を巻き込んでバイトを辞める

enemy_case3

「私、バイト辞めるんだ」と言いながら、自分だけでなく2~3人の女子を巻き込んで辞めてしまうオンナ。このタイプは自分ひとりが悪者になるのを極端に嫌がります。自分都合で辞めるときも、周りに声をかけ「最近、仕事が多すぎじゃない? 私、辞めようと思うんだけど、○○ちゃんも辞めない? きっと私が辞めたら、もっと仕事が増えるよ」と言葉巧みに仲間を増やして行動を起こします。

 

「本人だけ知らない、噂を振りまくオンナ」

CASE4 1の言葉が100の悪意ある言葉に変換

ある日、バイト仲間から「店長の誕生日プレゼントを買いに行こうよ」と誘われ、その日は予定があったため「今日は予定があるから、後日、お金だけ渡すよ」と返事をした。すると、数日後「○○ちゃん、店長にプレゼントあげたくないって断ったらしいよ」と噂が広がっている…。エネミー女子が気に喰わない言葉や行動をすると、自分が知らない間に悪い噂に早変わり。それを本人に問い詰めると「来ないって言ったの○○ちゃんだよね」と事実だけを突きつけられて、反論する気持ちも萎えてきます。

 

「他人の幸せにブレーキをかけたいオンナ」

CASE5 あなたの頑張りが困るんだけど発言

“頑張りに合わせて時給アップ”というバイト先で、担当の仕事プラスαまで頑張っていると、「アナタがそこまでやると、私たちもやらないといけないと思われるから困るんだけど」と言われて驚愕! このタイプのオンナは人の頑張りや、楽しそうな姿を見るのがとにかく気に入らない。妬んでいると思われないように“あなたのせいで”というネガティブワードを含ませて、頑張るアナタにダメージを与えようとしてきます。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。