体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西京味噌で豚肉が最強にうまくなる?『豚の最強焼き』挑戦してみた

西京味噌で豚肉が最強にうまくなる?『豚の最強焼き』挑戦してみた

 定食屋さんに行くと、つい頼んでしまうのが魚の西京焼き。あの西京漬け独特のほんのりした甘味と、ふわっとした柔らかさが好きなんですよね。そんなある日、編集部に届いた株式会社西京味噌からの情報案内。

 株式会社西京味噌は天保元年(1830年)創業の京都にある老舗。情報案内に「実は、西京味噌はお肉にも合うんですよ」と書かれていました。西京味噌といえば西京漬けで知られるとおり魚のイメージが強いけど……。今年は都内いくつかの店で西京味噌をつかった豚肉料理を展開しているそうですが、家庭向けの「簡単公式レシピ」も提供可能ということなので、普段から「つくってみた」シリーズを展開している編集部としては試さずにはいられません。しかも老舗の家庭向け「簡単公式レシピ」ですよ!!

 という訳で、株式会社西京味噌さんから公式レシピを提供してもらい、作ってみることにしましたよ。レシピは西京味噌が豚肉を最強においしくしてくれる『豚の最強焼き』もとい『豚の西京焼き』。どうでもいい話ですが、豚の最強焼きってなんか縁起がよさそう。最強だし、味噌だし。これぞ最強脳みそってことで受験のトンカツみたいなゲン担ぎ飯的イメージがします。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 さて、『豚の最強焼き』こと『豚の西京焼き』で用意した材料は

【材料】

・豚肉(しょうが焼き用スライス)
・付け合わせの野菜(好みで)

☆西京漬け味噌床
・西京白みそ……70g
・みりん……25ml
・料理酒……10ml

意外とシンプルですね。

(1)西京漬けの味噌床づくり

 まずは豚肉を漬け込む西京漬の味噌床を作ります。西京白みそにみりんと料理酒を加えてよく混ぜます。ボウルや容器を使う手もありますが、混ぜやすいのと、後で豚肉を漬け込むことを考えて、ビニール袋に入れて、もみ込むように混ぜ合わせてみます。これだと使い終わったビニール袋の口を結んで捨てるだけなので、洗い物が減りますし、ムラなく簡単に混ぜ合わせることができます。最初に袋を裏返して手に取り、西京白みそをその上に置く感じで入れると楽ですよ。袋が破れるのが心配な場合は、二重にしてみてください。全体がよく混ざり、ムニムニした味噌の感触が滑らかになって、ちょっとドロッとした感じになったら味噌床の完成。

(2)味噌床に豚肉を漬け込む

 この中に豚肉を入れ、軽く揉み込みます。そのまま30分ほど冷蔵庫で漬け込みます。この間に付け合わせや、副菜の支度をしとくといいですね。

(3)味噌床をキッチンペーパーでふき取る

 30分ほどたったらお肉を取り出し、ベッタリとつきすぎている西京漬けの味噌床をキッチンペーパーで軽くぬぐってやります。つきすぎていると、焼く時に焦げ付きの原因にもなるし、味も濃すぎてしまうことがあるので、ここでそれを調整します。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。