ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

次期三菱 デリカD:5は期待にたがわぬ性能が与えられる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲ヘッドランプがバンパー内に配置される、改良版ダイナミックシールドをまとい2018年度に登場する次期デリカ。車高の高さによる力強さも継承されるだろう

▲ヘッドランプがバンパー内に配置される、改良版ダイナミックシールドをまとい2018年度に登場する次期デリカ。車高の高さによる力強さも継承されるだろう

長いモデルライフの末、待望の世代交代を実施

2017年度内に久々の新型車、エクリプスクロスを投入する三菱は、今後も年に1~2台程度のペースでニューモデルをリリースしていく見通しだ。続く2018年度には、長いモデルライフを誇っている、デリカD:5が待望の世代交代を果たす。

台所事情が苦しい中をかいくぐって、開発されている次期デリカには、リブボーンフレームが継承され、他社のミニバンとは一線を画す高い剛性が踏襲される。また、センターデフロック機構を有する4WDシステムと高い車高が与えられ、クロスオーバーSUV顔負けの走破性が備えられる。

パワートレインには、クリーンディーゼルの他にガソリンエンジンも用意されるが、新世代の1.5Lターボが起用されるのか気になるところだ。エクリプスクロスで初採用されるこのユニットは、最高出力163ps/最大トルク250N・mを発生。現行デリカD:5に用いられている、2.4L NAの170ps/226N・mに引けを取らない。クリーンディーゼルは、現行モデルと同じ2.2Lの改良版が用いられる可能性が高い。

▲東京モーターショー2017で、披露されたエクリプスクロス。本年度内には、日本市場にも登場する見込みだ

▲東京モーターショー2017で、披露されたエクリプスクロス。本年度内には、日本市場にも登場する見込みだ

ダイナミックシールドも2世代目に突入

東京モーターショー2017で、披露されたエクリプスクロスの外観からもわかるように、近年の三菱はデザイン改革に乗り出している。その象徴ともいえるフロントマスク、ダイナミックシールドは、次期デリカにも織り込まれるが、これを機に2世代目のデザインへと飛躍する。

従来のモチーフを流用しつつ、ヘッドランプがシールドの上方から、中に移される点が大きな違いだ。大型グリルで押し出しの強さを競っているミニバン各車とは、明らかに異なる個性が発揮されることだろう。

次期モデルには、衝突被害軽減ブレーキをはじめ、遅れを取っている安全デバイスが新採用されて、機能面もアップデートされるはず。冒頭で触れた4WDシステムに加え、安全装備も充実すれば、商品力が大きく高まることは想像に難くない。

▲2007年にデビューした現行モデル。パジェロの技術も応用した高い走破性、クリーンディーゼルモデルの投入など、クロスカントリーの本格派ユーザーも納得の性能が与えられた

▲2007年にデビューした現行モデル。パジェロの技術も応用した高い走破性、クリーンディーゼルモデルの投入など、クロスカントリーの本格派ユーザーも納得の性能が与えられた

次世代モデルも三菱らしさが濃厚

お伝えしてきた次期デリカは、2018年下半期もしくは、19年初頭に発表されるだろう。三菱が日産とアライアンスを結ぶ前から開発されてきたため、三菱イズムが反映された方針が貫き通されているはず。

日産との部品共用化などは、最低限のレベルにとどまるだろう。

※2017年11月12日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2018年11月

■全長×全幅×全高:4735×1795×1870(mm)

■搭載エンジン:2.2L 直4ディーゼルターボ 他text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、三菱自動車

関連記事リンク(外部サイト)

ゴツいタイヤのハイラックスサーフで家族との時間を満喫しています
かえひろみのお気に入りはコンパーノ。世界初乗車に大はしゃぎ! 東京モーターショー2017!【ダイハツ編】
中国NEV法公布で、日系の自動車業界どうなる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。