体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、「HONEY BEE 101K」のソフトウェアアップデートを開始、バッテリーの消費を改善

デジタル・IT

ソフトバンクは4月23日、京セラ製Androidスマートフォン「HONEY BEE 101K」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートでは以下の事象が改善されるそうです。 バッテリーが通常よりも早く消費される場合がある。 ソフトバンクWi-Fiスポットへ正常に接続できない場合がある。 破損したPNGファイル形式の画像を壁紙に設定すると、操作ができなくなる場合がある。更新ファイルは3G通信/Wi-Fiのどちらからでもダウンロードできます。101Kの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より手動でアップデートを実施することもできます。アップデート実施後、ソフトウェアビルドは「159.3.0247」と表示されます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Philips、MIPSベースのCPUを搭載したAndroid 4.0タブレットを発売
ヤフー、Android向けブラウザアプリ「Yahoo!ブラウザー」をリリース
NTTドコモ、マルチアカウント対応のAndroidスマートフォン向けメーラーアプリ「CommuniCase」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会