ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

プロに聞く!家庭でコーヒーを淹れる際の意外な盲点

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

プロに聞く!家庭でコーヒーを淹れる際の意外な盲点
J-WAVEの番組「SUNRISE FUNRISE」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。11月12日(日)のオンエアでは、バリスタの世界チャンピオン・井崎英典さんをゲストにお迎えしました。

井崎さんは2014年にアジア人として初めて、バリスタの世界チャンピオンに輝かれました。まずは井崎さんの若さに、驚いた野村。井崎さんは1990年生まれなのですが、とても落ち着いた貫禄のあるお声の持ち主です(笑)。

井崎さんのご実家はコーヒー豆のお店だそうで、幼い頃からコーヒーはすごく身近な存在だったとか。「普通、夏休みとかって冷蔵庫の中に麦茶が入ってるじゃないですか? うちは水出しコーヒーが入ってました。それを麦茶代わりに飲む(笑)」と井崎さん。

井崎さんがバリスタになられたのは16歳の頃。ご実家のお店で働いていたのですが、ある日、お父様にバリスタという仕事があることを聞かされ、勧められたのがきっかけだそう。そこから経験を積まれて、世界一のバリスタになられた井崎さんですが、その大会ではどんなことが競われるのでしょう?

井崎さんが優勝されたのは、「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ」という2000年からスタートした大会。井崎さんは15代目の世界チャンピオンになります。

この大会には世界から約60カ国が参加するとか。各国で予選が行われるそうで、日本だと160人くらいが予選にエントリーし、その中の1人が世界大会に出場できるとのこと。

「どういったところを審査されるかというと、コーヒーを淹れる技術と、淹れた結果の味わい、あと、プレゼンテーション。だからバリスタの総合格闘技みたいな感じですね」(井崎さん、以下同)

ちなみに技術というのは、コーヒーを挽きいれる機械にコーヒー豆の山を作るのですが、その山をいかに均等に入れることができるか、コーヒーの粉がどれくらい落ちているか、無駄がないか、というのを厳しくチェックするそうです。

オンエアでは井崎さんに、家庭で美味しいコーヒーを淹れるアドバイスもいただきました。

「測ることですね。何をするにせよ、目分量はいけません。時間がないので測るという手間を惜しんで淹れちゃう、そういう人に限って『コーヒー、美味しくはいんないのよね』ってよく相談を受けるんです。毎回測ってください(笑)」

コーヒーの粉のグラム数を測るのは大事で、“深煎り”と“浅煎り”では一粒一粒、豆の重さが違うそう。

「よくスプーンですり切り一杯ってやってますよね。同じすり切りにしても重さが違うんです。浅煎りと深煎りでは。だから味わいがまずそこでブレる」

さらに、お湯の量を測るとなお良いそうです。「守れる数字をきちっと守って作ると、美味しくなりますよ」とアドバイスをしてくださいました。つい目分量で淹れてしまっている人も多いのでは? その一手間が美味しいコーヒーを淹れるコツなのですね! ぜひ参考にしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」
放送日時:毎週日曜 7時40分−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/natural/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。