体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。

イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。

見ているだけがイチバンいい。そんなプロダクトを紹介します。こんなに「使えないもの」ばかりつくるなんて、どんだけのひねくれ者なのだろう?

ビジュアルはイケてる。けど、買うか?と聞かれれば、買わない。

「The Uncomfortable」
不快感こそチャームポイント

イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。イラっとするのにクセになる。ひねくれ生活用品。

こんなプロダクトをつくったデザイナー、Katerina Kampraniさんは「METAL」のインタビューでこんなふうに話しています。

使えないモノを見た時の、「あぁ」って不快感。わたしはあれが好きなんですよね。嘲笑う感じ。みんなわたしの制作物を見ると、そういう顔をしてくれるんです。日常の中で、いかにかわいらしい不快感をつくれるか。そんなことばかり考えています。

ひねくれ者による、ひねくれた生活用品たち。

そう考えるとむしろ、ひねくれていない。Licensed material used with permission by Katerina Kamprani,(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿。
お金の現実と向き合って「生活を潤す」3つの考え方
グラフィックデザイナーがアイシングクッキーを作ったら・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会