体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】 銀歯。その他アクセサリーや電化製品など。見渡せば、「銀」は私たちのまわりに溢れている。そんな日本の銀、もとい世界の銀の歴史を支えた重要な世界遺産である島根県の石見銀山は、今年で世界遺産登録10周年だ。ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

にも関わらず、日本にある世界遺産の中でのリピート率は、ワースト2とも言われているらしい…。

「それは、みんな石見銀山の本当の素晴らしさを理解しないまま帰ってしまうからなんです。きっと、穴一つの世界遺産だと思っているでしょう? 違うんですよ」

と、現地を訪れた際に知り合った観光ガイド、「石見銀山ガイドの会」の会長・安立さんが教えてくれた。そう、ここ、穴一つじゃないのだ。

わからないまま帰るのは
もったいないですけん

ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

「先日、楽天トラベルで“本当に行ってよかった日本の世界遺産”っていうランキングを発表したんです。19箇所中、石見銀山は18位。行ってよかったと思われてないんですよ…」

と言って、残念そうに眉毛を下げる安立さん。ちなみに19位は群馬県の富岡製糸場、17位は軍艦島など明治の産業革命時重要な役割を担った場所。

「下三つは産業遺産と言われている所で、自分たちで歩いただけではその良さがわかりにくく満足度が低い。三年程前、NHKで富岡製糸場と石見銀山はガイドと歩くことがおすすめと放送されましたが、ほとんど認知されていなくて残念。ぜひ、ガイドと一緒に歩いてほしいんです」

このガイドツアーを経験した私からも言いたい。ぜひ、石見銀山の旅は彼らガイドの会を頼ってください、と。

なぜかここの良さは
フランス人の方が知っている

日本人の人気を差し置いて、じつは石見銀山、以前フランスのミシュラン旅行ガイドに掲載されたこともあるという。銀山の麓の町・大森地区にある小高い丘の上の神社から見下ろすと、赤い石州瓦の町並みが南フランスの風景に似ている、なんて言う人もいうけれど…。ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

「フランスから視察に来た方は、みんなこの大森の地区をほめますね。余分なものがない、そのまま残ってる、って。先日ロシアから来た視察の人も絶賛して帰りました。彼らが言うには、世界遺産の中に町の人の普通の暮らしがありながら、自然や町並みも保存できているのが素晴らしいと」

ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

家の縁側には花が飾られ、さりげなく町に彩りが加えられている。

「綺麗でっしゃろ。これ、この縁側は誰が腰掛けてもいいですよっていう、お客さん歓迎の印なんですよ」

ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。