体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLAY、横浜アリーナ初日を終え、大型アリーナツアー14公演を終了

現在、25公演24万人動員の大型アリーナツアーを行っているGLAY。11月11日、横浜アリーナ公演初日を終え、大型アリーナツアー14公演を終了した。
11月11日@横浜アリーナ (okmusic UP's)

暗転した会場に壮大なオープニング映像が流れ出すと、ステージにメンバーが登場。会場のボルテージが急上昇していくと、アルバムのリードトラック「the other end of the globe」でライブがスタート。その後もアルバム『SUMMERDELICS』収録曲を中心に、往年の名曲「HOWEVER」他、新旧織り交ぜたナンバーを披露してファンを喜ばせた。

そんな中、11月22日発売となる、最新シングルのリードトラック「あなたといきてゆく』もライブで披露。様々な「あなた」と生きてゆく決意と感謝を歌ったラブバラードであり、長く活動を続けてきた彼らだからこそ描ける詩とメロディは、新たなGLAYの名曲誕生と言えるだろう。また、MCでJIROが「ここ横浜は僕がGLAYに加入して初めてライブをした場所です。その時はお客さん7人だったけど、今日は満員の1万2千人!TERU、TAKURO、HISASHIを信じてついてきて良かったと心から思います」と語るシーンは、彼らの絆を強く感じさせられる瞬間だった。

TERUからは約5年振りの台湾公演、『GLAY ARENA TOUR 2018 “SPRINGDELICS” in TaipeiのHAPPY SWING』会員、GLAY MOBILE会員向けチケット先行抽選エントリー受付がスタートする事が発表。ファンクラブ発足30周年ライブをベネチアで行うことを宣言しているGLAY.。TERUは「僕らと旅行する感じでみんなで一緒に行こう!」と新たな夢を語りかけた。台北ライブは11月12日(日) 13時から、札幌・函館・羽田・成田・名古屋・関西・福岡空港発着のオフィシャルアクセスツアープランの販売もスタートする。
『GLAY ARENA TOUR 2018 「SPRINGDELICS」in Taipei』
3月17日(土) 台湾・台北アリーナ

開場17:30 / 開演 18:30 (現地時間)

■オフィシャルアクセスツアー

11月12日(日) 13時から、札幌・函館・羽田・成田・名古屋・関西・福岡空港発着のプランの販売もスタート。特典として、ツアーオリジナルグッズ(非売品)のプレゼントやオフィシャルグッズの事前注文受付などが決定。また、本ツアーご参加の皆様は、台北公演チケットの同時申し込みが可能。

※HAPPY SWING会員、GLAY MOBILE会員の方は、先行予約受付期間中はそれぞれの会員チケット先行予約をご利用ください。

オフィシャルアクセスツアー詳細

http://entame.knt.co.jp/2018/GLAY/taipei/

■日本国内でのお取り扱いチケット

特1区 NT$4,800(特製記念カード型チケット) ★日本販売価格 ¥18,500(消費税込)

特2区 NT$3,800 ★日本販売価格 ¥14,800(消費税込)

黄3区 NT$1,800 ★日本販売価格 ¥7,300(消費税込)

※【特1区】のチケットは、特製記念カード型チケット(入場時にタッチ)、その他は通常の紙チケット(ibon)になります。

※ご年齢にかかわらず、チケットは購入いただけます。ご入場には、1名様1枚のチケットが必要です。

※ただし、会場内に大音量が流れるため、7歳以下のお子様のご入場はお勧めできません。

※会場規定に伴い、安全考慮のため、110cm未満の児童は3階席へのご入場はできません(日本国内でのチケット先行予約対象のチケット3種の中では【黄3区 ¥7,300】のお座席が3階席となりますので、ご注意ください)。

※着席指定席のお取り扱いはございません。

※台湾現地では11月23日(木)現地時間19時(日本時間20時)よりチケット発売を予定しております。

■チケット販売WEBサイト

https://tixcraft.com/
【ライブ情報】

『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』

11月11日(土) 横浜アリーナ

11月12日(日) 横浜アリーナ

11月15日(水) 大阪城ホール

11月16日(木) 大阪城ホール

11月25日(土) マリンメッセ福岡

11月26日(日) マリンメッセ福岡

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。