体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次世代車はバッテリーいらず!? ランボルギーニ、スーパーキャパシタで走る車をMITと開発へ

車の進化が止まらない。ディーゼル・ガソリンから電気への転換が進む一方で、無人自動運転技術も実用の域に入っている。

そして次にくるのは、バッテリーすら不要の車となりそうだ。イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の協力のもと、スーパーキャパシタ(電気を蓄えることのできる新しい蓄電装置)で走る車を開発することを明らかにした。

・素早い充電、放電

このほど米国マサチューセッツで開かれたテック会議で、そのコンセプトカー「Terzo Millennio」が披露された。

目玉は、スーパーキャパシタを電源としていること。現在走る電気自動車で使われているリチウムイオン電池に比べ、スーパーキャパシタは充電も放電も速いことがメリットだ。つまり急加速ができる。

・パワー維持に課題

しかもリチウムイオン電池は化学反応で電気を得ているために、繰り返し使うことで性能が落ちてくるが、スーパーキャパシタであればそうしたこともない。

ただし、スーパーキャパシタにもデメリットもあり、パワーの維持が難しい。この点について、開発チームは今後改良する必要があるとしている。

・自動で傷を修復

そのほか、Terzo Millennioには、そのカーボンファイバー製車体のコンディションを自己モニターする機能も搭載する。

劣化などをセンサーが検知すると、少々の傷やひび割れなどであれば内蔵する材料で自動修復も行うという。

夢のような技術満載のTerzo Millennioだが、近年の車の進化スピードを考えると、実用化はあながち遠い未来のことではないかもしれない。

Lamborghini

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。