体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アプリ婚活で注意したい!男がドン引きする女子のやりすぎプロフィール! by おおしまりえ

アプリ婚活で注意したい!男がドン引きする女子のやりすぎプロフィール! by おおしまりえ f:id:zexyenmusubi_honnest:20171109164846j:plain

先日、ある男性から恋愛相談をされ、マッチングアプリの女性版のプロフィールを見る機会がありました。

その男性からの相談は、「本気で婚活している女性の見分け方を知りたい」というものだったのですが、そのとき男性がふとつぶやいたのです。「女性のプロフィールって、激しい奴あるよね」と。

“激しい”とは、男性からみても写真加工のしすぎや、文章のラブリー感がすごいというものを指します。

何をどうアップしたら幸せな恋愛につながるか、正解がない問題ではありますが、今回は男性が思わずリアクションをためらう“女子のやりすぎプロフィール”について解説します。

SNOWを使った写真はプロフィール用写真にならない!

マッチングアプリで婚活&恋活する場合、とにもかくにも大事なのはプロフィール写真です。数千人のプロフィールを流し見している状況では、いかに印象的でなるべく美人なプロフィール写真を掲載するかが、成功に大きく関係します。

しかし、だからといって、過剰な加工をほどこした写真は、相手にも加工がもろバレしており、アピールポイントとしてはプラスに働きません。

そんな中、マッチングアプリで見かける“やりすぎ加工写真”の代表は、SNOWなどのアプリを使い変身レベルで実物と異なる写真をアップしている方です。このアプリは一度で白肌、メイク、デカ目、輪かく補正に猫耳などの加工がくわわるので便利ではありますが、さすがにSNOWくらい不自然な加工を加えると、うとい男性にも実物と大きく違う点がもろバレします。

ちなみに多くの男性は女性の美肌加工やちょっとした輪かく補正には気づきませんが、バレる境界線をたどったところ、「白飛ばし」と「不自然なデカ目」は、男性側にすんなり加工を見抜かれる傾向がありました。

どアップ写真はひかれるだけ

変身加工とあわせて、女性にしか見かけることのない謎写真。2つ目は“どアップ写真”です。マッチングアプリを見ていると、加工はそこまで不自然でないとしても、なぜか顔が入りきらないくらいの寄り写真をアップしている女性を見かけます。なぜわざわざアップにするのか……。不思議に思い詳細を見せてもらうと、体型に「ぽっちゃり」の文字が。ご本人はどうやら、体型や全体的な雰囲気を気にして、ふくよかなのがバレない顔面アップ写真をチョイスしたようです。

でもよくよく考えると、相手に体型のことがバレずにマッチできたとしても、最終的には会った際に嫌が応でもあなたの体型は晒されることになります。

それなら、写真の段階で無理によく見せる必要はないどころか、よく見せすぎてしまうと、会ったときの相手のがっかり感すら引き起こします。

プロフィールはあくまでも等身大プラスαくらいのクオリティを目指すこと。これを心にとどめておきたいですね。

「寂しいよ〜」は言ってもいいことなし

プロフィール文においても、あまり効果を発揮しない過剰アピールというのが存在します。マッチングアプリを行う目的は、当然「寂しいから」「出会いがないから」「早く結婚したいから」など、切ない理由がほとんどでしょう。

とはいえ、それを素直に書きすぎると、好印象が残せないだけでなく、寂しさにつけこもうとする“黒い心”を持った男性が寄ってくる原因にもなります。

先日見かけた文面では「寂しいよ〜はやく素敵な人に出会いたい」と、なんともけなげにアピールしている文章がありました。この書き方もダメじゃないのですが、普通に考えて、恋愛は心に余裕がある人の方がモテがちという特性があります。

出会ってもいない人に「私、寂しいの」と発言することは、恋愛に余裕がないことをアピールしているに他なりません。寂しい気持ちはぐっと抑えて、せめて「いろいろ話せる人とマッチしたい」くらいにとどめておきましょう。

どっちつかずのプロフィールは返信に困る

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。