ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

テントとイカダが合体!水面をぷかぷかと漂う浮遊式テントでリアル“ウォーターベッド”が味わえちゃう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
テントとイカダが合体!水面をぷかぷかと漂う浮遊式テントでリアル“ウォーターベッド”が味わえちゃう

水の惑星と呼ばれる「地球」。

それは地球の表面の10分の7が、水によって覆われているから。

月を眺めながら、美しい湖をウォーターベッドにして眠ることができたら…。

自然豊かな水面上で眠ることができちゃうテントが登場しました!

エアーマットレスのような浮遊式テント

水の上にふわりと浮かぶ「Shoal Tent(ショール・テント)」。

SmithFlyさん(@smithfly)がシェアした投稿 – 2017 10月 6 9:44午前 PDT

オハイオ州トロイに拠点を置く「SmithFly Designs(スミスフライ・デザインズ)」が、浮遊式テントを作り出しました!

SmithFlyさん(@smithfly)がシェアした投稿 – 2017 8月 12 9:30午前 PDT

テントが水に浮かぶ理由は、水面に接する部分が3つの空気室を備えている「ラフト(いかだ)」になっているから。

@smithfly/Instagram @smithfly/Instagram

高圧エアーマットレスのような「いかだ」部分は、厚さは約15cm。

SmithFlyさん(@smithfly)がシェアした投稿 – 2017 10月 7 1:29午後 PDT

静かな湖や川などの水辺に上に浮かべて、星空の下で眠ることができちゃうのです♡

頑丈な防水性シートのテント

テントには頑丈で防水性のあるシートを使っているので、強風が吹いてもしっかりと水や風から守ってくれるのだそう。

SmithFlyさん(@smithfly)がシェアした投稿 – 2017 10月 11 4:47午前 PDT

エアーマットレスになっている「いかだ」の長さと幅は、2.4mもあります。

また、テントの高さは1.9mなので、背の高い方でもゆったりと過ごすことができるのだとか。

@smithfly/Instagram @smithfly/Instagram

現在、先行予約販売中となっており、価格は1274ドル15セント(約14万3000円)。

もちろん、日本への発送もしているとのこと。

SmithFlyさん(@smithfly)がシェアした投稿 – 2017 10月 12 12:10午後 PDT

「ショール・テント」が気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

SmithFly

https://www.smithfly.net/

Instagram (smithfly)

https://www.instagram.com/smithfly/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。