ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

香り高い「希少栗」を使った絶品すぎる限定モンブラン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

香り高い「希少栗」を使った絶品すぎる限定モンブラン
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。11月11日(土)のオンエアでは、冬になる前にまだまだ秋を楽しみたい! ということで、秋限定のスイーツを提供している谷中銀座の「和栗や」にお邪魔しました。

今回お話をうかがったのは、「和栗や」の代表取締役・竿代信也さん。そもそも栗にはヨーロッパ栗、中国栗、アメリカ栗、日本栗と4種類あるのをご存じでしたか? 日本栗は歴史が古く、縄文時代から日本人が食べていたと言われています。「日本栗の特徴は、とにかく風味と香りが良くて、味が繊細であること」と竿代さん。栗は栄養価が高く、1日7粒食べたらすべての栄養が足りてしまうのだとか。

「和栗や」のモンブランは、作りたてのみを提供するため、持ち帰り用はありません。その場でしか食べられないというのも興味をそそりますよね! イートインスペースは日本で唯一のモンブラン専門店で、お店には11時のオープン前から行列ができるほどの人気なのだそう。

今回は期間限定、数量限定の一番人気プレミアムモンブラン「『HITOMARU』−人丸−」をいただきました。こちらは大変希少な栗の品種「人丸」のみを使用した一品で、マリエも思わず「美しいですね!」と驚いたほど色が鮮やか! もちろん味は濃く、香り高いのだとか。添えられている無糖クリームは47パーセントという濃厚さで、一番いい固さで提供しているそう。初めて食べる「『HITOMARU』−人丸−」のあまりのおいしさに、マリエは終始感動しっぱなしでした。

続いてもう一品。10月下旬に販売が始まったばかりの冬限定「和のモンブラン」は、モンブランクリームに生クリームを一切使わず、栗と砂糖だけの温かな栗あんで、寒い季節にピッタリな“温かいモンブラン”に仕上げているそう。上から、栗の渋皮煮を作った時の濃厚な旨味が入った煮汁をシロップ状にした栗みつをかけていただきます。中には、栗の揚げ甘露が入っているので、サクサクした食感も楽しめます。

「和栗や」では一年中モンブランを楽しめるように、春には朝採りイチゴを使ったモンブラン、夏にはメロンを使ったモンブランなど、旬な素材をふんだんに使ったメニューを用意しているそう。数量限定の「『HITOMARU』−人丸−」を食べてみたい! という方は、午前中から並ぶことをお勧めします。ぜひ秋の味覚を贅沢に味わってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。