ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

計算高くも上質なポップ・ソング揃い / 『レピュテーション』テイラー・スウィフト(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
計算高くも上質なポップ・ソング揃い / 『レピュテーション』テイラー・スウィフト(Album Review)

 新作をリリースすることが、ここまで大きなニュースとして取り上げられるアーティストも珍しい。アメリカだけで600万枚、全世界で1000万枚以上を売り上げた『1989』から3年振り、通算6作目となるスタジオ・アルバム『レピュテーション』。前作が凄まじいセールスを記録したこともあり、注目されるのは当然といえば当然だが、“そう仕向ける”彼女の見事なプロモーションに感服する。

 今夏、SNSの投稿を全て削除し、ヘビが不気味に動く謎の動画を連投したと思ったら、フォトグラファー・デュオ=マート・アラス&マーカス・ピゴットがデザインした、モノクロのジャケット・アートと、新作のタイトルを突如公開。その翌日にリリースされた1stシングル「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」は、「昔のテイラーは死んだから電話に出れない」というつぶやきや、批判的なメッセージが誰に対するものなのか……など、歌詞についての様々な憶測がネット上に飛び交い、10億円以上を費やした宝石風呂や、アメリカ自由人権協会から批判されているヒトラーを連想させるシーンなど、ミュージック・ビデオも大きな話題となった。

 その1週間後に配信がスタートした2ndシングル「…レディ・フォー・イット?」は、テイラーのヒット曲でもおなじみのマックス・マーティン(「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」や「トラブル」など)と、シェルバック(「ブランク・スペース」、「シェイク・イット・オフ」など)の2人が手掛けた、インダストリアル風のエレポップ・チューン。ラップを絡めたヴァースとキャッチーなサビ、そして元彼を連想させるフレーズなど、テイラー節全開だ。10月26日に公開されたばかりのミュージック・ビデオも、裸体風の衣装が話題になっている。

 彼らの他には、アルバム中6曲を担当したしたジャック・アントノフ(ロード、シーア、フィフス・ハーモニーなど)や、前作『1989』でも大活躍したアリ・パヤミ(ケイティ・ペリー、アリアナ・グランデ、デミ・ロヴァートなど)がソングライターとしてクレジットされている。いずれも、エレクトロ・ポップをお得意とする売れっ子プロデューサーで、過去の実績をみてもテイラーとの相性は抜群。

 アルバム・ゲストは、今年の春にリリースしたアルバム『÷(ディバイド)』が大ヒット中のエドー・シーランと、引っ張りだこの人気ラッパー、フューチャーの2人が参加。その2人とコラボした「エンド・ゲーム」は、これまでのテイラーの作品では決して聴けなかったタイプの、シンセ・サウンドとヒップホップが融合した斬新なナンバー。この曲は、アルバムの中でも特にインパクトが強く、クオリティが高い。その他、近未来的な「アイ・ディド・サムシング・バッド」や、ずっしり重たいミッド・チューン「ドント・ブレイム・ミー」~「ソー・イット・ゴーズ…」など、良い意味でテイラーらしさとポップ色を薄めたタイトルが、なかなか聴きごたえある。

 一方、アルバム後半には、先行配信された「ゴージャス」や「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」、2015年のヒット曲「アウト・オブ・ザ・ウッズ」をそっくり真似たような「ゲッタウェイ・カー」や「キング・オブ・マイ・ハート」など、テイラーの真骨頂とも言えるポップ・チューンが目白押し。「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」のような、ひたすら耳に残るキャッチーなサビの「ディス・イズ・ホワイ・ウィ・キャント・ハヴ・ナイス・シングス」や「ダンシング・ウィズ・アワ・ハンズ・タイド」など、『レッド』や『1989』の続編的な曲もある。おセンチな「デリケート」や、浮遊感漂うファルセットに浸っていたくなる「ドレス」、初期のカントリー時代を彷彿させる「ニュー・イヤーズ・デイ」など、メロウ系も充実。

 プロモーションについては、若干ヤリ過ぎた感否めないが、楽曲に関しては計算高くも上質なポップ・ミュージックが揃っている。リリース直前に、ディプロが「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥは若者が聴きたい曲じゃない」などとSNSで批判したことが話題となったが、逆をいえば、テイラーの音楽は、もはや若年層よりもひと回り上の世代が聴く音楽に進化を遂げた……ということかもしれない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『レピュテーション』
テイラー・スウィフト
2017/11/10 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフト、最新作収録の「ニュー・イヤーズ・デイ」パフォーマンス映像が公開
テイラー・スウィフト、新作のトラックリストが正式公開 エド・シーラン&フューチャーとのコラボ曲収録
ディプロ、テイラー・スウィフトをディスりファンが激怒

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。