体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。

自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。

休憩するのも忘れるくらい仕事に追われてしまう時がある。それが一日だったらまだいいんだけど、何日も続くと気がついたらヘトヘトなんてことも。

弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、彼が「遊び心」を忘れることなんて決してないんだから。

スーツのまま豪快に、
「デキる男」の生き方

自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。自己愛に満ちた42歳、弁護士という生きかた。

「いつこんな写真を撮ることができたの?」と、聞きたくなるくらい様々なシーンが。

Franの姿を見ていると本当に“デキる”人は、どこか余裕があるなって思ってしまう。それに、忙しくても彼みたいにスーツのまま思いっきり飛び出してみたら、案外リラックスできるかもしれない。Licensed material used with permission by Fran García

関連記事リンク(外部サイト)

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。
カリスマ弁護士に学ぶ、「正しい考え方」の基本6つ
愛は、ただ美しいだけではない。悲しみと不安に満ちた、厄介なもの。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。