体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場!

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場
ニューヨークに次々と現れては消えてゆく、新しいスイーツ。

ハイブリッド・スイーツから、和菓子進化形、これでもか! と山のようにスイーツを盛り込んだビジュアル系など。目新しくて、もちろんインスタ映えするもの。しかし、筆者が腰を上げようかと思うようなスイーツは、ありませんでした(単に出不精なだけかも)。

そんなある日友人から「ロウワーイーストサイドに、新しいお洒落ベーカリーが出来たわよ」と情報が入ったので、どれどれと出かけてみました。

ブティックのようなベーカリー

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場
2017年10月、NYCロウワーイーストサイドに、焼き菓子スイーツのお店”スーパームーン ベイクハウス(Supermoon Bakehouse)”がオープン。クロワッサンの進化形、ハイブリッド・スイーツの「クラフィン(Cruffin)」がウリ。クロワッサンxマフィンの美味しいとこ取りです。

ハイブリッド・スイーツといえば、「クロナッツ」でストリートに長い行列を作った “ドミニク・アンセル(Dominique Ansel)”が有名。日本にも出店しましたね。

お店はベーカリーというよりも、ブティックのよう。ガラス張りの広々とした店内は、飲食関係のようには見えません。

アクセサリーを売るような接客

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場
大理石のテーブルの上には、アクセサリーのようにスイーツが並んでいます。ショーケースに商品が入っていると、近くで良く見ることが出来ないのが難ですが、ここではじっくりと見ることが出来ます。また、スイーツについてはスタッフが説明してくれ、オーダーもここでします。高級品を買うような気分になりますよ。

進化を続ける、「インスタ映えスイーツ」

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場APPLE PIE CRUFFIN(アップルパイ・クラフィン)
Chunky Apple Caramel Pie Filling AND Cinnamon Creme Patissiere, topped with PIE CRUST CRUMBLE, White Chocolate Cream Bulb, Pie Filling & Gold Leaf

さてさて、ではご自慢のスイーツたちをみてみましょう。

人気のアップルパイ・クラフィン。クロワッサン生地で形と味はマフィン、中にはアップルパイのフィリング、シナモン・カスタードクリーム。
中を割ってみると、こんな感じ(リンク先参照)。

【ニューヨーク現地取材】インスタ映えパフェ系クロワッサンの店登場Banana Split Sundae Twice Baked Croissant (バナナスプリット・サンデー クロワッサン)
Caramelised Sous Vide whole bananas, banana caramel sauce, creme patissiere, almond creme, topped with chocolate fudge, banana caramel, dehydrated banana, gold leaf and fresh vanilla cream bulbs

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会