ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【邸宅で見るアンティーク着物展】第5回目となる邸宅で見るアンティーク着物展に行ってきました♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

趣通信スタッフのかっくです。

東京都文京区の肥後細川庭園(旧称:新江戸川公園)内の松聲閣(しょうせいかく)で開催されていた、邸宅で見るアンティーク着物展に代表のケビンさんとスタッフのちあきちゃんと行ってまいりました!

毎年楽しみに伺っているイベントで、今回のテーマは『~Scene~アンティーク着物のある情景』至極のアンティーク着物達をじっくり鑑賞してきました!

今回私がチョイスしたコーディネートの解説もしながらレポートいたします。

DSC07758

光がたっぷり注ぐ会場いっぱいに、トルソーが並びます!
どれもこれも素敵すぎて、目移りしながらも細部までこだわりのコーディネートを鑑賞。

 

華やかな薔薇小紋に縞に刺繍の薔薇帯

DSC07759

このお部屋で一番私が好きだったのが、このコーディネート

ぱっと見の華やかさと、ピンクベースの中に瑠璃色を効かせたコーデがこの小紋を着ていたお嬢様に想いを馳せてしまう。
まさに、バレンタインにぴったりのロマンチックスタイルです。

 

葉牡丹の訪問着に豊穣の帯

DSC07764

右側の振袖は、自分が着てみたいコーディネート

冬のパーティーの装いということで、こっくりした色味がシックな大人アンティークスタイル。
左前のかけ衿のオレンジ色と帯揚げの青がポイントカラーで効いてます。
帯の鹿やオウムの生き物と葡萄やマーガレットの植物が楽しいパーティーを感じさせます。

 

DSC07773

隣のお部屋はさっきの洋間とがらりと変わって、和室です。
逆光になっていて、外のお庭もはっきり綺麗に鑑賞できます。

 

この部屋で私が一番好きだったコーディネートは
妖しの森、竹の夏着物とミミズク帯

アンティーク着物の中でも、得に繊細で素敵な夏着物。
この透け感が夜の森の妖しい雰囲気がよくでてます。

DSC07785

後ろに回って目があうミミズクさんは
なんだか怪しくて可愛くて、このスタイルにはかかせないですね。

邸宅とアンティーク着物は、毎年のことながらベストマッチで
この日はお天気も良く、帯付きで出かけるには最高の天気でした。

スタッフの方々もお客様も素敵な着物を着てらっしゃる方も多く
トルソーだけじゃなく、実際に動く(!)アンティーク着物も鑑賞しちゃいました。

DSC07804

スタッフのおひとりauroraさんと。
この日も素敵なアンティーク振袖で御出向かいしていただきましたよ。

私も一張羅のアンティーク半襟を付けていったのですが、刺繍を上手く出せず、auroraさんにアンティーク半襟の出し方をアドバイスいただきました!

DSC07815

外のお庭も格好の撮影スポット!
スタッフのちあきちゃんに傘を持たせて、気分はねえやとお嬢様です。(笑)

 

着物で出かけて、素敵アンティークを鑑賞して、椿山壮まで足を伸ばしてアフタヌーンティーを楽しむというのが素敵な一日コースですね!

今から来年も楽しみです!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。