体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら絶対行きたい観光名所7つ

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら行きたい場所7つ
台湾第2の都市「高雄」は、一度は訪れたい港町です。まだ人がそれほど多くない高雄はのんびりと観光できます。今回は数ある高雄の観光地の中でもぜひ訪れたい観光スポットを7つご紹介。台湾の南国の風を感じに、高雄を訪れてみませんか。

壮大なスケールに圧巻! 仏教のテーマンパーク「仏光山仏陀紀念館」

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら行きたい場所7つ
巨大な黄金色の大仏が鎮座する「仏光山仏陀紀念館」は高雄市大樹区の山の中にある仏教施設です。少し前までバスがなく行きづらい場所でしたが、今は高鉄「左營」駅から直通のバスに乗れば、約1時間で行くことができます。

入り口から広大で圧巻です。本館1Fはブッタのテーマパークのようになっていて、ブッタの歴史をパネルやレプリカなどで楽しく学ぶことができます。ブッタの一生を4D映画で鑑賞することも可能。また正面の大門を抜けると見えてくるフロントホールには、レストランが2店舗入っていて、どちらもリーズナブルにベジタリアンメニューを味わうことができます。1日がかりで訪れたいスポットです。

美術館の中のような光景が広がる、フォトジェニックな「美麗島駅」

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら行きたい場所7つ
世界で最も美しい駅の第2位に選ばれた高雄のMRT「美麗島」駅。この駅の改札を出たところには、4500枚のステンドグラスが輝く光のドームがあります。この光のドームはイタリアのステンドグラスアーティストNarcissus Quagliata氏が手がけた直径30メートルにわたる世界最大級のパブリックアートです。

2本の柱は静と動、ドーム天井は水、土、光、火を表現しています。またこの駅の出入り口は日本の建築家、高松伸氏が設計を担当。800種類の異なる形状のガラスが形づくる3次元曲面によるメインエントランスは優美で迫力のあるアート作品のよう・・・。光のドームでは光と音のショーも行われているので、ショーの時間に合わせて行くのもいいでしょう。

運気アップ間違いなし!? 高雄のパワースポットと言われている「龍虎塔」

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら行きたい場所7つ
口を開けた龍と虎が印象的なこちらの塔は、高雄で有名な観光スポット。なんでもこちらを訪れると開運すると言われているそうです。台湾では一番良い動物が龍、一番悪い動物が虎と信じられていて、龍の口から入り、虎の口から出ることで、厄を落として、幸福を招くことができるとか。龍の入り口から入り、塔にのぼると、見晴らしが最高! 蓮池潭(大きな池)を眺めることができます。

さらに「龍虎塔」の目の前には医者の神を祀る「慈済宮」というお寺があり、ついでに健康祈願することもできますよ。行くだけでパワーアップできそうなスポットですね。「龍虎塔」への行き方は高鉄「左營」駅で下車して、タクシーに乗り約10分です。

ライトアップされた夜景が美しい、高雄市民の憩いの場「愛河」

【台湾】行って後悔なし!高雄を訪れたら行きたい場所7つ
地元のカップルのデートスポットとしても有名な愛河はとってもロマンチック。夕方から夜にかけて、整備された遊歩道沿いを歩くと、愛河にかかる橋や歩道橋がライトアップされていて、美しい夜景を眺めることができます。

また「愛之船」という遊覧船に乗船すると、30分ほどの愛河クルーズを楽しむこともできますよ。船の上から眺める高雄の夜景も素敵。潮の香りを感じながら、水面に街のあかりがキラキラと反射する美しい情景を堪能できるでしょう。早めに夕食を済ませてから向かいたいスポットですね。愛河はMRT「市議會」駅から徒歩約5分で行けます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会