体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ヒステリックパニック ライヴレポート】『「DEAD or ALIVE」TOUR 2017』2017年11月5日 at TSUTAYA-O-EAST

 今年6月、“生と死”、そして“ライヴ”をテーマとしたミニアルバム『LIVE A LIVE』をリリースしたヒステリックパニック。最新作を掲げて8月よりスタートした、レコ発ツアーの東京公演が11月5日にTSUTAYA O-EASTにて開催された。東京で行なうワンマンとして最大のキャパとなる会場に、気合い十分で挑んだ5人。“頭のネジを外して来いよ!”と観客を煽ると、シャウト一発でフロアーをめちゃくちゃに掻き回し、フロアーを地獄へと変貌させた。
 (okmusic UP's)

 全国26カ所で行なわれている『LIVE A LIVE』レコ発ツアーもあとわずか。ツアーで鍛え上げた強靭な歌と演奏で魅せた「ファッキンホット」でライヴがスタートすると、耳をつんざくシャウトや轟音ともみくちゃになって暴れまくる観客で、会場が一気に地獄と化す。さらにこの雰囲気には似つかわない可愛い猫の手と《にゃんにゃん》の声が場内に渦巻いた「ねこ地獄」、おかっち(Ba)のチョッパーととも(Vo)の高速ラップで勢い良く始まった「Head Bang!」にフロアーがヘドバンで波打ち、会場は序盤から強烈な熱気に包まれる。

 “暴れたかったら暴れろ! その瞬間を大事に、1秒も無駄にすんなよ!!”とともが熱く告げると、披露したのはリリース前の新曲「Shut up」。凶悪スクリームにTack朗(Gu&Vo)のハイトーン、やっち(Dr)の高速ビートに乗せた$EIGO(Gu&Cho)の鋭いカッティングと、彼らの持ち味を存分に詰め込んだ新曲は初披露とは思えぬ盛り上がり。さらに「ガチ恋ダークネス」「月曜日が始まんで~」などの『LIVE A LIVE』収録の新曲たちもしっかりライヴ仕様に仕上がっており、ライヴバンドとしての逞しさと自信を感じさせる。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会