体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

巨大水槽の中に自然を再現? いま注目の展示とは

巨大水槽の中に自然を再現? いま注目の展示とは
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASPORT」。11月9日(木)のオンエアでは、東京ドームシティ「Gallery AaMo」で開催中の「天野尚 NATURE AQUARIUM展」を紹介しました。

天野さんは新潟出身の写真家・水景(すいけい)クリエイター。アクアリウムの世界ではカリスマ的存在です。

天野さんは子供の頃によく鎧潟(よろいがた)という湿地帯で遊んでいて、10歳の頃にお兄さんのカメラを借りてその景色を撮影していたそう。しかし、その湿地帯はすぐに無くなり、その景色を追い求めるようにいろいろな水景の写真を撮るようになったのだとか。

1970年代には、競輪選手として活躍しながら水草栽培の研究を行い、改めて、一眼レフで自然の撮影を始めたそう。後に水槽の中に自然の美しさと生態系の仕組みを再現したネイチャーアクアリウム(水草水槽)を確立しますが、2015年に惜しまれながら亡くなりました。

今回の展覧会は大きく2つのコーナーに分けられています。前半は、天野さんが世界中で撮影した写真のコーナー。そして後半はネイチャーアクアリウムのコーナーです。

この展覧会のために特別に作られたという「巨大ネイチャー水草ウォール」は、1.8メートル幅の水槽を3つ並べたというサイズも驚きですが、水草で作られたウォールがなんと高さ3メートルにも及んでいるそうです。

山々があり、その下に川が流れていて、滝があって、靄があって、水草に水滴が落ち…という自然が水槽の中に表現されているのだとか。サイズ感と世界観に誰が見てもびっくりすること間違いなしのこの展示、2018年1月14日まで開催中。ぜひ足をお運びください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会