体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

累計50万枚突破! 一度使えばもう戻れなくなると話題の『マシュマロ 便座クッション スカンジナビアン』と『マシュマロトイレマット』のタッグで快適すぎる個室に。

 

“一度座ったらもう元の便座クッションには戻れない””便座がソファーになる!?””トイレも北欧デザインにしたいならこれ!”と様々な口コミで、シリーズ累計50万枚突破の『マシュマロ便座クッション スカンジナビアン』とトイレの床をモコモコにする『マシュマロトイレマット スカンジナビアン』。それが冬のトイレの最強セットな理由とは?

視点が変わるほどの強力な2.5cmのモコモコで従来の便座シートの常識を覆す! ただ初回使用は少々躊躇する!?

 

スカンジナビアンというのは、インテリア界ではよくスカンジナビアンモダンとも言われるスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドなどの北欧の家具様式で、シンプルながら明るく大胆な配色が素敵なおしゃれデザインの最高峰。

そのムードをあっという間に自宅のトイレに満ちあふれさせてくれるのが、株式会社藤栄(東京都目黒区)による『マシュマロ 便座クッション スカンジナビアン』と『マシュマロトイレマット スカンジナビアン』のセットだ。

 

 

ただこのセット、おしゃれなだけではなく、トイレをソファー感覚にしてしまうすごい代物。どうやってソファー感を演出するかというと、実用新案登録済みの厚さ2.5cmのクッションを使用して、実現した。

特に『マシュマロ 便座クッション スカンジナビアン』の方は、2度と元の便座シートに戻れなくなるとSNS中心の口コミで大評判を呼び、累計50万枚超のヒットとなったシリーズのリデザイン商品。今回デザインを一新してネオノルディック(北欧デザインの新潮流)領域にまでグレードアップされた。

 

 

コンセプトは”トイレのお部屋化”。一体どういうことなのか、使って確認してみたい。

 

 

■『マシュマロ 便座クッション スカンジナビアン』
(デザイン4種展開・約17×40×2.5cm・ポリエステル・アクリル樹脂吸着剤・希望小売価格 税抜1,600円・2017年8月21日発売)

取り付けは裏が吸着材になっているので、通常の便座シートと変わらない。立体度が強烈なので、貼り方に悩んでしまうところもあるが、ミスしても貼り直し可能なのでご心配なく。

デザインはもう言うことなしの洗練された北欧スタイル。今や100円ショップでも入手可能な便座シート。一体そうした製品とどう違うのか。それは座ったら、すぐわかった。なるほど、座り心地はソファーのそれ。厚手だということはわかっていたが、沈み込まずにモコモコしたまま、人間の位置を少々上に持ち上げるのだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。