ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾のよいところ悪いところ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

台湾に長く住んでいると、日本の友人や知人に時々尋ねられることの一つのがこの質問です。筆者は台湾が好きですが、「こういう所がよいな」と思うところもあれば「ここはちょっとなぁ・・・」と思うところもあります。

この記事では、筆者が実際に台湾に何年か住んでみて感じた台湾の良いところと悪いところを3つずつご紹介します。

よいところ1:お年寄りや子どもに優しい

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
例えば電車やバスに乗っている際、お年寄りや小さな子ども連れの方が乗車すると、座っていた方が素早く席を譲る姿をよく見かけます。こっちこっち、と空いてる席に手招きするほどです。譲られた方も「謝謝(ありがとう)」と、感謝を述べて座る方がほとんど。

また、台湾では子どもは騒いで当たり前という見方が一般的なのか、公共の場所やレストランで子どもがちょっとくらい騒いだとしても周りの人は寛容です。台湾は子育てがしやすい環境だ、と感じる方が多いのもうなずけます。

よいところ2:おいしい食べ物が多い

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
台湾にはおいしい食べ物やスイーツがたくさんあることは世界でも知られています。独特の調味料を使っている食べ物もあり人によって合う合わないはありますが、おいしい食べ物がたくさんあることは台湾の魅力の一つと言えるでしょう。

よいところ3:おおらかで親切な方が多い

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
台湾には細かいことを気にしないおおらかな方が多いように感じます。ちょっとしたミスや手違いは、「沒關係~(気にしないで、大丈夫だよ)」と流しちゃう事が多いです。

また台湾は親切な方が多く、困っている人を見かけたら「どうしたの?」と声をかけ合うことが多いようです。筆者も以前、駅までの道がわからず近くの方に道を尋ねたらその場所まで連れて行っていただいたことがあります。きっと、台湾旅行中に同じような経験をした事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

次は、気になる「悪いところ」です。

悪いところ1:運転が荒い

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
特に台北では車やバイクなど交通量が多い上、運転が荒い車が多いです。走っていて突然車線変更や停車をしてきたり、信号無視する車やバイクもちらほら。歩道の整備されていない道を歩く時は特に、まわりに注意しながら歩く必要があります。

悪いところ2:虫がたくさんいる

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
台湾はあたたかい上、排水溝などが日本ほど清潔ではないので虫に悩まされることが日本にいた時よりも多いのが事実。蚊に悩まされ、蚊帳を張って寝ていた時期もあります。害虫も大きいものが出ます・・・。

悪いところ3:夏はジメジメして暑い

【台湾ロングステイ】住んでみて感じる台湾の良いところ悪いところ
台湾は日本よりも南に位置しているため、夏は本当に暑いです。5月頃から30度を超える日が出始め暑さは9月頃まで続きます。湿度も高いため、夏の暑い時期は注意しないとすぐに熱中症になってしまいます。

以上、筆者が感じる台湾のよいところ悪いところをご紹介しましたが、もちろん人によって感じ方は様々だと思います。留学等で台湾に長く住みたい! と考えておられる方は、悪いところばかりでなく台湾のよいところに目を向けて生活を楽しむことが、ロングステイを成功させるコツなのかもしれません。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。