ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

予定日の4日前「破水?!」と思いきや、床が真っ赤に…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

2017年7月に3人目を出産した時の話です。

予定日4日前の夜22時。

なかなか寝ない子ども達をやっとこさ寝かせ、「私も寝ようかなー」と思っていた所で、後期に入ってから度々痛くなっていた股関節痛が襲って来ました。

なかなか眠れずに、布団でシムスの体勢で痛みを和らげる。

そんな事をしていたら、いつの間にか眠りについていました。

23時30分。下腹部の痛みと股関節の痛みで目が覚めました。

陣痛ではない、ずーっと続く鈍い痛み。

早期胎盤剥離?確か下腹部痛が起こるはず…なんて思っていました。

「でもそこまで激痛ではないし、もう少し様子を見よう!」そう思い、ソファに横になり時計とにらめっこ。30分たち、日付が変わった0時。

「痛みが和らがないなー、電話してみる?」と考えていたら、ジュワーっと何かが出てきたんです!

「破水?!」と思い、電気を付けて確認するとなんと床が真っ赤っか!!

あまりの血の多さに焦りながらも、産院に電話。新生児用のオムツをお股に当てようと動いている間も、血は滴り落ちたくる。それがとても怖かったです。

おしるしとは違い、血の量が生理2日目以上という事で、産院へ向かうことに。

寝ている子供達を車に乗せ、パパの運転で産院へ。

向かっている途中、陣痛らしき痛みが間隔はバラバラだけど出始めましたが、痛みはまだまだ弱い感じでした

出血してから50分、産院へ到着。

動くと血が出るから、車から降りるのが怖かったけれど何とか降りてそのまま分娩室へ。

弱いながらも陣痛が来ているとのことでした。

診察してもらうと、子宮口5センチ開大。

赤ちゃんの心拍も異常なし。

やはり破水ではなく、子宮内の出血だったようです。

「ただ、どこから出血しているのかは分からない」とのこと。

赤ちゃんの心拍も弱っていないし、深刻な出血ではないとのこと。

本当に安心しました! 関連記事:5回目の出産だけどなんだかいつもと様子が違う!早期胎盤剥離で分娩室に行く余裕もなく出産

「でも何処からの出血?」と不安になりながらも、微弱陣痛に耐えていました。

陣痛がない間は助産師さんと笑って話せるくらい余裕(笑)。

それから静かにお産は進んでいき、2時58分、長女を無事出産。

結局、微弱陣痛のまま出産になり、痛かったのは出る瞬間だけでした。

立ち会い希望だったパパは病室からダッシュで走るも間に合わず…。

3人目にして、初めての自然分娩(上2人とも促進剤使用)できました。

微弱陣痛のまま出産って出来るんだーと自分自身で感心してしまいました。

でも、後陣痛は産むたびに強くなるから、産んだ後の方が痛かったです。

その後、胎盤も無事に出てきて、出産終了。

出血の原因は、早期胎盤部分剥離だったようで、胎盤に血の塊ができていたそうです。

やはりあの時の下腹部痛は、胎盤が剥がれかかっている時の痛みだったようです。 関連記事:切迫早産で入院2ヶ月半後に早期胎盤剥離で緊急帝王切開

私の場合は、部分剥離で赤ちゃんの心拍も落ちていなかったので、自然分娩で無事に出産することが出来ました。

出産は、母子ともに命がけなのだと改めて思いました。

これから出産するみなさま、少しでも異変を感じたら受診する事をオススメします。

これから出産される皆様が、安産でありますように!

著者:あいぽー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「貸しましょう、my股!」私の最後の出産に、娘の人生の第一歩に…後悔しないよう選んだこと by ゆき
出産予定日に出産する人は20人に1人!? 予定日にこだわりすぎずゆったりした気持ちを
分娩時間はまさかの56時間!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。