体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【LM.C ライヴレポート】『LM.C TOUR 2017 「The Never-ending Veda」TOUR FINAL 「The VEDA -GRAND FINALE-」』2017年10月24日 at 赤坂BLITZ

 デビュー10周年に伴って行なわれたツアーを締め括った千葉・舞浜アンフィシアター公演から約1年。その際に片鱗が明らかにされたアルバム『VEDA』は2016年12月にリリースとなったが、そこに刻み込まれていたのは“POP”であり“ROCK”である、maya(Vo)とAiji (Gu)が生み出すLM.C固有のスタイルの新たなる進化だった。
 (okmusic UP's)

 アルバム『VEDA』を引っ提げた今回の国内ツアーは春に続いて2度目。しかも、タイトルには“The Never-ending Veda”と冠されている。メンバー自身が同作をいかに重要なものとして捉えているのか、そういった事実からも窺い知れるだろう。全国転戦のファイナルとなったこの日も、観応えのあるパフォーマンスで魅せた。

 mayaが右手を高く掲げて“始めよう”とスタートしたオープニングの「LET ME’ CRAZY!!」から、彼らが繰り出す音には確かな主張があった。長らく愛聴されてきたマテリアルにしても聴こえ方が従来とは違う。その様相を導いているのは「レインメーカー」「CHAKRA」「Fight Club」「阿修羅」「GaMuShaRa」「Phobia」「Kiss me?」といった『VEDA』からの楽曲群である。“(ツアーを通して)曲が成長した”(maya)とのMCもあったが、何よりも象徴的に感じたのは「MONROEwalk」が披露された場面だ。彼ら自身を鼓舞するようにも映る歌詞、偉大なる先人たちのアートへのオマージュ。ロックンロールの本来的な匂いが、LM.Cの音楽として昇華されていることが改めて分かる。

 これまでのさまざまな実験があるからこそとも言えるが、多彩な色合いで楽しませる『VEDA』の説得力を高めているのは、根源にあるバンドサウンドの存在だろう。これは言い換えれば、Aijiとmayaにとって初期衝動と同義の原点である。その核心がステージにおいても力強く体現されていく。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。