体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話

なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話 そんなに飲むつもりじゃなかったのに。この夜、気づけば私は2時間足らずの間に13杯ものワインを飲んでいたのだ。なぜそのようなことに? それは、お腹を鳴らしながら参加した「ノムリエの会 〜世界のワイン×岩手・一関の美味しい〜」というイベントで振る舞われた料理が、どれもこれも最高のものだったから。なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話

会場となった、CROSS TOKYOの増山シェフと、ソムリエ&おつまみ研究家の大橋みちこさん両氏がセレクトした岩手県一関市の食材。それらがこの日限りの特別料理に仕立てられ、世界中からセレクトされたワインとともに振る舞われたのだ。最高のスタッフによって作り、選ばれた料理とワインのペアリングなんて、文句なしに決まってる。けれど、私のグラスが止まらなくなった理由はそれだけじゃない。

 

最高の料理とともに、「思い」も一緒に食べたのである。

生産者と消費者の
新しい出会い方

今回のイベントでは、料理に使われた一関食材の生産農家の方々も参加し、その生産物をPRする場も設けられていた。この企画、じつは「OWNERS」というサービスが一関市と連携して開催したイベントとのこと。なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話

OWNERSとは? ざっくり言うと、インターネットを通して、生産者が作る生産物に対し生産の段階から事前登録することで、その生産物の一口オーナーとなるというもの。生産プロセスを共有しながら、旬の時期には生産者から直接商品が届けられるという。

「りんごの木のオーナーになる」といった制度は昔から存在する。でも、実際にオーナーになりたい、生産者の顔の見える物を購入したい、などと思ったところで情報が限られていたり、手続きが面倒だったり、登録しても生産物が届くだけでそのプロセスが見えないものばかりだった。これらの課題を、インターネットを活用し解決しているのがOWNERSなのである。

そのOWNERSが今回、一関市の地産外商プロジェクトのパートナーとなり、当サイトに一関市の生産者が参加することはもちろん、リアルの場として、CROSS TOKYOでのタイアップイベントを開催することになったというわけだ。なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話なぜ…。私がワインを13杯も飲んでしまった「一関」の食材の話

マルシェでなくても、深く
作り手の思いに触れられる

このサービスを立ち上げた株式会社ukka代表取締役の谷川さんは、以前勤務していたPR会社で地方の生産者の方と話す機会が多く、その度にこんなことを思ったという。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会