ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【GOODWARP インタビュー】“選ぶことは捨てること”。リアルな言葉とシンプルな演奏が光るラブソングで新境地をアピール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1年振りの新曲となる「Souvenir」が配信リリースされた。今年4月、現メンバーで再スタートした3人が新曲をリリースするまでの決意、覚悟、挑戦など、さまざまな想いを語る!
L→R 藤田朋生(Gu&Cho)、萩原“チャー”尚史(Ba&Cho)、吉崎拓也(Vo&Gu) (okmusic UP's)
──今年4月からサポートドラマーを迎えて活動してきた中で、自分たちの音楽性を見つめ直すこともありましたか?
藤田
「歌詞を以前よりも重視するようになりました。今までは言葉の響きが良ければ、ダンサブルなんだからいいじゃないかと思ってたんですけど、ダンサブルであることはもちろんですけど、曲を聴いたあと、どんな感情が残るのかとか、それを狙えるぐらいのクオリティーの歌詞にしたいとかという話をよくするようになりましたね。」
萩原
「「Souvenir」も事前にどういう曲にしたいか話し合いを重ね、3人の意見が一致してから制作に入ったんです。」
吉崎
「でも最初は難しかったですね。そうは言っても、僕が歌詞を書いて曲を作る中で、ふたりがクライアントに感じられて、正直言って最初は違和感だらけで(笑)。これまでも歌詞は僕の中でずっとこだわりを持って書いてきましたけど、メンバーがここまで真剣に歌詞を気にしてくれることってなかったんですよ。有ちゃん(有安祐二/Dr)が抜けて、メンバーが辞めるっていう周りでもよくあることを自ら体験して、他人事じゃないんだって思ったことも大きかったのかな。成長していかなきゃバンドって続いていかない。全員がそう考えたと思うんです。歌詞に口を出すようになったのも、バンドが以前よりも他人事じゃなくなったからだし、続けたいと思っているからだし。最初に「Souvenir」を含め、デモを3~4曲聴いてもらったんですけど、そのデモを作るための話し合いも何回もやっているんです。その時に話したのは、GOODWARPにしか出せない個性がちゃんとあって、その個性も普段は音楽を聴かない人が耳にしてもパッと伝わるぐらい派手に出したいってことでした。その中で歌詞を聴かせるサウンドとメロディーってイメージで作ったのが「Souvenir」だったんです。」
藤田
「アレンジは大変でした、二転三転して。」
──なかなかリアルな歌詞ですよね。吉崎さんは“「何かを選ぶことは何かを捨てること」という掟に必死で抗う男女模様を歌いました”とコメントしていましたが、その題材はどんなところから?
吉崎
「同世代の友達には家庭を築いていて、子供がいる奴もいれば、“いつ結婚するの?って彼女から言われるんだけど、ちょっと違うんだよな”って言っている奴らもいて。ちょうどそういう世代なんですよ。でも、これっていつの時代にもある男性像のひとつじゃないですか。僕もその気持ちが分かるし、それに有ちゃんのことも無関係じゃない。やっぱり選ぶことは捨てることなんだなって思うような経験とか周りの話とかが多いから、ただの失恋ソングじゃない選択としてのラブソングを作ったら、今の自分らしい歌詞が書けるんじゃないかって自然に思ったってところはあります。」
──歌詞を書く上で意識したことはありましたか?
吉崎
「これは癖なんですけど、どこか無意識的に“良いカッコしよう”としちゃうところがあって(苦笑)。」
藤田
「重要なところでカッコつけようとするから、結局は最低の人を書いているんだったら、そこはもう最低なままであってほしいと思いました。「Souvenir」の男って優柔不断なダメな奴じゃないですか(笑)。そういう人間だったら、そういう人間であってほしい。“そういう人間なんだけど、実は…”ではなくて、“やっぱり、そういう人間なんだ!”で終わってほしかった。」
萩原
「だから、吉崎には何回も書き直してもらって。」
吉崎
「“これで勝負するぞ!って配信シングルなんだから、それぐらい口出ししてもいいじゃないか”って(藤田)朋生から言われて、“あ、そっか。確かにそういう気持ちになるよな”って思いました。それで自分が納得するものを書いて、それを誰からも文句を言われないっていうところまで持っていくしかないと腹を括ったんです。」
──アレンジはどんなところが難しかったのですか?
萩原
「この曲はいろいろなかたちに変えられると思ったんです。実は今とは違う、演奏重視のクールな雰囲気を持ったアレンジもあったんですけど、不思議とそれを当てると歌詞が聴こえなくなる。それでアレンジを何個も試した中で、僕らにとっては一番シンプルなものを選んだんですよ。」
──ベースはリズムを刻んでいるだけですからね。
萩原
「ベースを聴いてほしいと思ったら、ああいうふうにはしなかった。そこはやっぱり歌詞とメロディーを一番伝えたかったから、踊れる要素も少し加えながらアレンジしていきました。」
吉崎
「4つ打ちでもないし、ベースがディスコっぽいわけでもないし、ダンスナンバーではあるんですけど、わりと渋いんですよ。“本当にこれで踊れるの?”“いや、踊れる踊れる。ドッパン・ドドドパーン、ドゥ・ドゥ・ドゥの時点でずっと踊れるじゃん”“え、何が!?”みたいな話もしたよね(笑)。」
──歌を聴かせる曲ではあるけれど、サビでは演奏の熱がグッと上がるところは、やっぱりバンドなんだなと思いました。
萩原
「絶対、バンド感はなくしたくなかったんですよ。一緒にやる意味がなくなっちゃうから。ただ、そこはあえて言葉にしなくても全員が大切にしているところだからできるはずだし、実際、できたと思います。」
──お話を聞いて、「Souvenir」がいろいろな想いの結晶だということが分かりました。12月1日にI Don’t Like Mondays.をゲストに迎え、渋谷CLUB QUATTROで開催する自主企画ライヴは、どんな内容になりそうですか?
吉崎
「“Tokyo Romantics”ってタイトルを付けているんですけど、いろいろあった2017年の集大成にしたいです(笑)。もちろん、「Souvenir」もやるし、新曲も何曲かやる予定です。1年の締め括りこそロマンチックに、みんなでいい夢を見れるような日にしたいなと!」
取材:山口智男
配信シングル「Souvenir」
2017年11月1日配信開始

VAP
『Tokyo Romantics』
12/01(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

w)I Don’t Like Mondays. and more
GOODWARP
グッドワープ:90’sポップス、シティポップ、クラブミュージック等への愛着を感じさせるダンサブルなサウンドメイクの中に、温もりある日常ドラマを歌う3人組バンド。結成後すぐに『出れんの!?サマソニ!?2012』を勝ち抜き、その後も『MINAMI WHEEL』や『COMIN’KOBE』をはじめとする各地のイベントへ勢力的に出演。初の描き下ろしバラード曲がアニメ主題歌に起用されるなど、注目度上昇中! 17年1月からはFM PORT『Tokyo→Niigata Music Convoy Wednesday』パーソナリティを担当。4月に有安祐二(Dr)が脱退し、現在の体制となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。