体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に便利? 結局なにができる? 『Google Home』を1週間使ってみてわかったこと

連日テレビでGoogle HomeのCMが流れているので、「話しかければいろんなことができるっぽい」くらいはわかるものの、実際の日常生活でどのように使うのか、設定は難しいのかなど、気になることはたくさん。

そんな人のために、Google Homeを実際に1週間使ってみて、起動するための設定方法、具体的な操作、どんなことができるのか、日々の生活がどう便利になるのかレポートしたい。

Google Homeでできること

Google Homeは「スマートスピーカー」のひとつで、スマートスピーカーとは無線通信接続機能と音声操作のアシスタント機能を持つスピーカーのこと。本体にはマイクも内蔵されており、話しかけることによって、たとえば下記のような応答や動作をしてくれる。

・簡単な調べ物
・天気予報を確認
・ニュースを聞く
・アラーム
・スケジュールの確認
・計算をする
・音楽の再生
・スマート家電のコントロール

まずは手順から説明したい。

①Google HomeをWi-Fi接続

Google Homeを使用するにはWi-Fi環境が必須だ。設定は専用のAndroid/iOSアプリで行う。電源につなぐと本体のトップパネルのLEDが点灯、スマートフォンでアプリを起動するよう、女性の声で促される。早速アプリを立ち上げてアカウントを選択すると、スムーズにGoogle Homeハードウェアを検出した。

次に、どの場所で使用するかを選択し、使用するWi-Fiネットワークのパスワードを入力。無事に接続するとGoogleアシスタントの設定に入る。

②OK Google! Googleアシスタント設定

まず、Google Home起動させるために必要な合言葉となる「OK Google」「ねえ Google」という言葉を2回ずつ発音して本体に記憶させる。この合言葉を発声することでGoogle Homeは起動するのだ。ちなみにGoogle Homeは6人まで声を識別してくれる機能を搭載しているので、家族ごとの予定を声だけで個別に確認することも可能だ。次に交通情報や天気情報を得るため、Google Homeを使用する場所の住所を登録する。

③音楽サービスを追加

最後にGoogle Homeで使用する音楽サービスを追加する。2017年10月の時点ではGoogle Play MusicとSpotify、AWAに対応しており、筆者はSpotifyの無料サービスを追加した。これで基本的なセットアップは完了。5分とかからず、スムーズに設定できた

いろいろと話しかけてみる 「おーけーぐるぐる!」でも反応

早速「OK Google」と話しかけると、トップパネルのLEDが青/赤/黄/緑に点灯し、プログラムが起動したことがわかる。まずはベーシックに「今日の天気は?」と問いかけると、「今日の渋谷は、予想最高気温19℃、最低気温14℃、晴れときどき曇りでしょう」と答えた。あまりのスムーズさにまずは驚く。これはもう、ほぼ会話のテンポといえる。


「OK Google」と話しかけると、トップパネルのLEDが青/赤/黄/緑に点灯

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会