体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>乃木坂46の東京ドーム公演に見た、グループの総力と未来の兆し

<ライブレポート>乃木坂46の東京ドーム公演に見た、グループの総力と未来の兆し

 2017年11月8日、乃木坂46による【真夏の全国ツアー2017】が東京ドームにてファイナルを迎えた。グループ初となる東京ドーム公演は2日間行われ、合わせて約10万人を動員、ツアー合計では延べ28万人を動員したことになる。

乃木坂46 ライブ写真(全11枚)

 舞台は巨大セットがそびえ立つメインステージから、アリーナ中央のセンターステージ、アリーナ後方のサブステージまでを花道で接続する構成。開演の定刻を迎えた頃、そのサブステージに数人の制服警備員が突如登壇、手拍子で観客を煽り始めれば、制服姿の女学生たちも加わり、迫力のダンス・パフォーマンスへとなだれ込む。その人数は徐々に増え、気づけばステージ上を“制服姿”がほとんど埋め尽くす形に。総勢460名によるフラッシュモブが期待を煽る中、お決まりの出囃子「Overture」に続き、1曲目として披露されたのは「制服のマネキン」。制服ダンサーによる演出は1曲目への布石だったようだ。6分割されたスクリーンには各メンバーのアップが映し出されるが、5万人を前に不敵に笑う生駒里奈の表情が強く印象に残っている。

 自身初の東京ドーム公演であると同時に、7月の明治神宮野球場からスタートした全国ツアー、その記念すべきファイナルとなったのが本公演だ。前半戦は、多くのアーティストが目指すその場所まで到達した感慨を噛みしめるというより、各地方公演を経るごとに沸々と湧き上がってきた夏の昂ぶりを一気に解き放つような祝祭感が強かった。「夏のFree&Easy」に始まり、齋藤飛鳥の「普段はどうせ小さい声でしか喋らないんだろー。今日は騒ぐぞー!」とシャープな煽りからの「裸足でSummer」、トロッコも用いて客席を縦横無尽に巡った「太陽ノック」と、サマー・チューン3連打を早くもフルスロットルで畳みかける。

 ツアー最終公演をとにかく楽しんでやろうという意気込みは、メンバーの様子からひしひしと伝わってきた。「東京ドーム、広いし楽しいねー! まいやーん!」と桜井玲香からパスを受けた白石麻衣は、いっこく堂ばりの“声が遅れて聞こえる芸”で「楽しいね!」と答え、ハイテンションと芸達者ぶりをアピール。これまでライブ中にちょくちょく変顔を入れてきたという堀未央奈は、「東京ドームではまだやってない」と言い、「今日のライブ中に46回変顔します」と公約を発表。記念すべき1回目をその場で披露したところで、ライブは次のタームへ。

 本ツアーの皮切りであり、期別ごとにパフォーマンスが披露された明治神宮2days。そこで3期生は、緊張や動揺を顔に滲ませながらも重圧と向き合い、トップバッターという大役を懸命にこなしてみせた。そしてこの日、アイドルになってから1年2か月で東京ドームのステージに立つという、とんでもなく高いハードルに挑む3期生を迎えたのは、地鳴りのような大歓声だった。盛大なシングアロングやコールを巻き起こした「三番目の風」「思い出ファースト」は、すでにライブ・アンセムとしてファンに愛されていることが分かるし、そのパフォーマンス姿は見違えるほどに堂々としたものだったのだ。

 その後、「他の星から」「でこぴん」「あらかじめ語られるロマンス」といったユニット曲、3期生も合流した「ダンケシェーン」「ハウス!」まではノンストップで続く。楽曲の幅広さとともに、メンバーの豊かな個性がステージを彩るライブ折り返し地点だ。続いて、アンダー経験のあるメンバーが一人ずつ呼び込まれ、「ここにいる理由」「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」「君は僕と会わない方がよかったのかな」「生まれたままで」「アンダー」「My rule」の6曲を披露。中にはセンター経験者の姿もあり、乃木坂46の選手層の厚さを改めて実感させたのがこのアンダー・パートだ。

 サブステージで西野七瀬が床スクリーンの映像に合わせて舞い踊れば、「命は美しい」へ。ステージ角に立つ照明塔から激しく降り注ぐグリーン・レーザー、キレのあるダンス、それと同期した床スクリーンの映像が融合し、それだけで一つの作品として見ごたえを生む、総合芸術的パフォーマンスに思わず唸らされる。

 センターステージのリフターで浮上し、ダンス・パフォーマンスを披露する3期生の与田祐希と大園桃子。前述の通り、3期生の成長は著しいが、さすがにセンター経験者だけあって、5万人の視線を集めながらも堂々と踊る二人の成長っぷりには特に目を見張るものがある。そんな二人のWセンター曲「逃げ水」では、花道で吹き上がる白い風船や、客席を埋め尽くす青色のサイリウムが幻想的な光景を生み出していく。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。