体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピンク、【CMA Awards】で感動的なパフォーマンスを披露

ピンク、【CMA Awards】で感動的なパフォーマンスを披露

 現地時間2017年11月8日に米ナッシュヴィルで行われた【CMA Awards】でピンクが、最新作『ビューティフル・トラウマ』収録の「バービーズ」を初パフォーマンスした。

 演奏は、ストリングス奏者とバック・シンガーを携えたシンプルな編成で行われ、「子供部屋でバービー人形と遊んでいたころに戻りたい」とノスタルジックな詞をエモーショナルで力強く歌い上げ、観客はスタンディング・オベーションで彼女の感動的なパフォーマンスを称えた。

 数々のポップ・アンセムを誇り、大掛かりな空中パフォーマンスなどでも知られる彼女だが、こういった壮大なバラード曲も難なく歌い上げることができるのが、彼女が移り変わりの激しいポップ・ミュージック界で20年近く生き残ることができた理由の一つだろう。ピンクは、今年【MTV Video Music Awards】にて特別賞の<MTVビデオ・ヴァンガード賞>を受賞している。

◎Pink Delivers Heartfelt ‘Barbies’ Performance at 2017 CMAs | Billboard News
https://youtu.be/Gh8oMveMfNc

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】ピンクが女性アーティストとして2017年最高セールスで1位に、グッチ・メイン/ベック/セイント・ヴィンセントがTOP10初登場
ピンク、ガンズ・アンド・ローゼズと名バラード「ペイシェンス」を披露
ピンク、新作でのエミネムとのコラボについて語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会