ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

荒川弘7年ぶりのハガレン新作エピソード『鋼の錬金術師 0』は旅に出る前の前日譚 表紙ビジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
荒川弘7年ぶりのハガレン新作エピソード『鋼の錬金術師 0』は旅に出る前の前日譚 表紙ビジュアル解禁

 荒川弘が7年ぶりに描き下ろした漫画『鋼の錬金術師』の新作エピソード『鋼の錬金術師 0』の表紙が解禁された。

 『鋼の錬金術師 0』は12月1日公開の実写映画で第1弾入場者特典としてプレゼントされるもの。主人公エドが国家錬金術師になった直後のストーリーが描かれている。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回新作エピソードを描き下ろす前、荒川氏は一足先に実写映画を鑑賞し、10月に行われた完成報告会見の席でその仕上がりを大絶賛している。そして映画に触発され、描かれたアナザーストーリーが『鋼の錬金術師 0』。

 荒川氏は「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました。」とカバーコメントに寄せており、最年少で国家錬金術師となったエドが、身体を取り戻す旅に出る前の前日譚や、あのキャラクターの衝撃の姿も描かれているという。
 なお、この兄弟の旅立ちの物語を含む特別コミックの内容は、本日(11月10日)発売の月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス刊)内で更に詳細な情報が解禁されている。

 12月23日からは表紙ビジュアルを使用した、第2弾入場者特典の2018年ポスターカレンダーも配布される。入場者プレゼントは無くなり次第終了となるそうなので、欲しい人は早めに足を運んだ方がいいだろう。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
画像提供・マンハッタンピープル

関連記事リンク(外部サイト)

『Renta!』がタテコミ大賞を初開催!大賞受賞者には賞金+連載権
『魔法使いサリー』への道が判る横山光輝幻の作品が初単行本化
桂正和『I”s』実写ドラマ化決定 主人公・瀬戸一貴役は岡山天音

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。