体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悔しいがなぜか食べ続けてしまう「ハンバーガーカレー」とは?考案者の馬並選手に聞いてきた

f:id:Meshi2_IB:20170929125332j:plain

みなさんはどんなカレーがお好きですか?

最近ではスーパーや輸入食材店などで、さまざまなスパイスや材料が入手しやすくなったおかげで、本格派のカレーも作りやすくなりましたよね。

しかし今回は、そんな手の込んだエスニックテイストなカレーとは一線を画した、某ファストフード店のハンバーガーを用いたカレー(通称:馬並カレー)があるとの噂を聞きつけ、それが実際にどんなものなのかさっそく確かめに行くことに。

f:id:Meshi2_IB:20170929125323j:plain

考案者は、元日本大学プロレス研究会(NUWA)のOBで、現在はプロのレスラーを目指し、入団テストに備えて日夜トレーニングにいそしんでいる馬並勃巳(ウマナミ タツミ)選手

ハードコア将棋プロレスリング王者第6代NUWA三冠ヘビー級王者という冠を持つだけあって、さすがにいい肉体をしています!

ところで、どういったことから、そういうお名前で活動することになったんですか?

f:id:Meshi2_IB:20170929144945p:plain藤波辰爾選手が好きなので、そこから先輩が考えてくれました。

──そのまんま! さて、このボディを育成した馬並カレーの最大の特徴は、いったいどのようなところなのでしょうか。

f:id:Meshi2_IB:20170929144945p:plain何を入れても大丈夫というカレーの対応力と、カレーのなかでもしっかり味を出すビーフの存在感に、どんな相手とのレビューも好勝負を展開し、プロレス界のレジェンドとなった名勝負製造機の藤波選手のようなカレーです。

──すみません、ちょっと何を言っているのかわからないです。

f:id:Meshi2_IB:20170929144945p:plain必要な材料は、ハンバーガー4つ、フライドポテトLサイズにカレールー6かけ、玉ねぎ1個、お好みの量のブロッコリーで、6皿分のカレーが作れます。ポテトはジャガイモでも可ですが、キャンペーンでフライドポテトが安い時や、クーポンが手に入った時はフライドポテト、ない時は生のジャガイモを使って作っています。 f:id:Meshi2_IB:20170929125332j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。