ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

街角に出現した、異次元への入り口

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

街角に出現した、異次元への入り口

「新しいニーズには、新しい技法が必要だ」

「One: Number 31」で有名なジャクソン・ポロックの有名な一言。芸術の知識があまりない僕でさえ、彼の言葉が思い浮かんできたのは、アーティストPaige Smithさんの作品を見たからでした。

結晶化した
異世界のプラズマ光

街角に出現した、異次元への入り口 このアートは、「Urban Geode」と呼ばれるシリーズの1つなのだとか。すでに多くのメディアに取り上げられ、約10ヶ国でこれらが設置されているようです。街角に出現した、異次元への入り口 Paigeさんは自身のアートを、日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受けた制作物だと表現します。それゆえ、異様な雰囲気を放つものになっているのかもしれません。街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口街角に出現した、異次元への入り口

なんとなく作品の規模から、誰でもできるように思ってしまいますが…。それは、Pollockの「One: Number 31」も同じ。

ということは、多くの国で人気を博す理由も、彼女のアートの雰囲気と時代のニーズがマッチしていたからなのかもしれないな〜。Licensed material used with permission by Paige Smith

関連記事リンク(外部サイト)

マイアミで見つけた「異世界」への入り口
2017年夏、種子島で「宇宙芸術祭」が開催。
小さな「オジさん清掃員」が街角でやりたい放題

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。