ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

京都の祇園辻利から、新春に一年の多幸を願うお祝い茶「大福茶」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

祇園辻利から、新春に一年の多幸を願うお祝い茶「大福茶」を発売
祇園辻利は、今年もお正月のお茶「大福茶(おおぶくちゃ)」を12月1日より期間・数量限定で販売します。茶葉・ティーバッグのほか、結び昆布と小梅がセットになった「芽出たのしく」とのセットも用意しました。

年越しそばに、お屠蘇やおせちなど、年末年始にはいろいろな習わしがありますが、京都では新年に、一年の幸福と健康を願って「大福茶」を飲む習慣があるそう。

祇園辻利から、新春に一年の多幸を願うお祝い茶「大福茶」を発売
その始まりは諸説ありますが、平安時代からと言われているとか。京の都で疫病が大流行した際に六波羅蜜寺の空也上人が梅干しを入れたお茶を病人にふるまったところ、疫病が下火になったそう。時の村上天皇がこの功徳にあやかって、毎年元旦にこのお茶を服されるようになり、そこから「皇服茶」「王服茶」と呼ばれるようになったそうです。後にこの習慣が庶民にも広まり、「大福茶」という縁起の良い名前へと変わり、今日まで伝えられています。

「大福茶」のスタイルは茶舗によって様々ですが、祇園辻利の大福茶は、上質の煎茶に玄米の花(はぜた炒り玄米)を入れたものです。

祇園辻利から、新春に一年の多幸を願うお祝い茶「大福茶」を発売
「大福茶」は元旦に一年の無病息災を祈っていただく縁起茶。同じく縁起物の結び昆布や梅干などを入れていただきます(もちろん何も入れずそのままで普通のお煎茶として美味しくいただけます)。

梅干には「しわがよるまで」との長寿の願いが、結び昆布には「睦びよろこぶ」との語呂合わせから縁起物として知られています。

祇園辻利から、新春に一年の多幸を願うお祝い茶「大福茶」を発売
祇園辻利では、お気軽に大福茶を試せるよう、お茶に入れる結び昆布と小梅をセットにした「 大福茶・芽出(めで)たのしく」セットも用意しているとか。

年末まであと2ヶ月を切った今、大晦日に飲むおめでたいお茶を用意して、年を越すのも良いですね。

■商品概要
・初ぶぶ:96g 2,160円 / 48g 1,188円
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81095N01123.html

・特選大福茶:96g 1,620円 / 48g 864円
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81095N01125.html

・大福茶:96g 1,080円 / 48g 594円
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81095N01127.html

※他にも平袋入り(各96g)、ティーバッグ(8袋入り、17袋入り)がございます。

・ 大福茶・芽出たのしくセット(大福茶48g・結び昆布・福小梅)1,080円
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81095N01128.html

・ 大福茶・芽出たのしくセット(大福茶96g・結び昆布・福小梅・招福金・祇園辻利オリジナル絵馬)2,106円
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81095N01129.html

■販売期間
2017年12月1日(金)~2018年1月10日頃
※販売期間中でも、完売となりましたら販売を終了する場合がございます。

■販売店舗
京都
祇園辻利:祇園本店・京都駅八条口店
茶寮都路里:京都伊勢丹店・高台寺店

東京
祇園辻利:東京スカイツリータウン・ソラマチ店
茶寮都路里:大丸東京店
※店舗により取り扱いの無い商品もございます。

通信販売(ご予約受付中)
電話:075-525-1122
オンラインストア:http://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

[PR TIMES]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。