ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】嵐53thSG『Doors ~勇気の軌跡~』が45万枚超のセールスで断トツ首位、エビ中も好調な売上

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】嵐53thSG『Doors ~勇気の軌跡~』が45万枚超のセールスで断トツ首位、エビ中も好調な売上

 今週のCDシングル売上レポートから2017年11月6日~11月8日までの集計が明らかとなり、嵐『Doors ~勇気の軌跡~』が452,142枚を売り上げて首位を独走している。

 『Doors ~勇気の軌跡~』は、嵐の2017年ラストを締めくくる通算53枚目のシングルで、表題曲は櫻井翔が主演を務める日本テレビ系土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』の主題歌となっている。本作は初動3日間で45万枚超を売り上げており、前作シングル『つなぐ』の初週累計をすでに上回っている。10月にリリースされたアルバムの売上もリリースから4週目にして未だ好調なことから、本作のセールスの勢いも、次週発表の週間結果まで勢いが続いていくかどうかに注目したい。

 続く2位は、私立恵比寿中学『シンガロン・シンガソン』。表題曲はMrs. GREEN APPLEの大森元貴が楽曲提供しており、Blu-rayが付属する初回限定盤Aと初回限定盤B、そして通常盤の3形態でリリースされた本作は初動3日間で67,775枚を売り上げている。また、Apinkの日本9thシングル『Orion』は現時点で16,355枚を売り上げてTOP3に入っている。

 そして、Little Glee Monsterの通算10枚目となる両A面シングル『OVER/ヒカルカケラ』が4位、UNISON SQUARE GARDENが2週連続でリリースするシングルの第1弾『Invisible Sensation』が5位。この2作の売上枚数の差は、約300枚と超僅差となっているため、週間発表で順位がどうなるかが気になるところだ。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年11月6日~11月8日までの集計)
1位『Doors ~勇気の軌跡~』嵐 452,142枚
2位『シンガロン・シンガソン』私立恵比寿中学 67,775枚
3位『Orion』Apink 16,355枚
4位『OVER/ヒカルカケラ』Little Glee Monster 14,327枚
5位『Invisible Sensation』UNISON SQUARE GARDEN 14,023枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

二宮和也、嵐メンバ-に慰められホロリ 「分かってくれる人は、分かってくれる」
嵐『「untitled」』大差で総合AL首位、TWICEが初総合首位獲得、上原ひろみが英BBC音楽番組に出演し大絶賛:今週の邦楽まとめニュース
【ビルボード】嵐『「untitled」』が690,617枚を売り上げ大差でアルバム・セールス・チャート1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。